ATSシンポジウム

〔国土交通省航空局後援〕

ATS委員会は航空交通業務(ATS)に関する事項を担当する専門委員会で、
  主な活動はR/Tミーティング・ATSシンポジウムの実施・航空局管制課との定例会議・AIM-Jの編集活動への全面的な協力です。
  これらの活動を通じて、ATSに関する研究・啓蒙活動を行っています。

ATSの原点である「パイロットと管制官の共通の理解」をより一層深めたいとの願いから、
共同主催でATSシンポジウムを開くことになりました。


受講費用 無料


ATSシンポジウム開催


過去のATSシンポジウムの動画

第40回 2018年11月17日 野村不動産天王洲2Fビル
ウイングホール

レジュメ 01. 講演「空域調整の現状と今後の展開」

02. 「更なる航空安全を目指して」(解説)「安全情報と管制方式基準」

03. 特別企画「テネリフェを決して忘れない」

04. 「Wind Shear Escape!」(解説)「より安全な回避操作のために」
第39回 2017年10月28日 野村不動産天王洲2Fビル
ウイングホール

レジュメ 01. 開会挨拶

02. 講演「ATC に関する安全情報の共有」

03. 研究発表「悪天回避に係る管制方式基準等の改正提案」

04. 適切でない管制用語の使われ方(解説)「高度の通報」

05. 適切でない管制用語の使われ方(解説)「進入許可の発出と速度調整」

06. 適切でない管制用語の使われ方(解説)「EDCT の運用」

07. まとめ・閉会挨拶
第38回 2016年10月30日 野村不動産天王洲2Fビル
ウイングホール

レジュメ 01. 国内空域再編に向けて

02. 管制方式基準の改正

03. CLIMB VIA と DESCEND VIA の運用例

04. PANS-ATM 改正に係る各国の対応比較

05. 進入許可と周回進入
第37回 2015年10月24日 野村不動産天王洲2Fビル
ウイングホール
資料 01.   適切でない管制用語の使われ方

02.  巡航からの降下

03.   高度制限の再確認

第36回 2014年10月25日 東京国際空港 第一旅客ターミナルビル全日本空輸(ANA)講堂  レジュメ 01.  遭難通信と緊急通信

02.  滑走路誤進入を防止するために