SIGMOD2009 勉強会

Supported by SIGMOD日本支部

お知らせ

 ・斉藤先生が昨日の全論文の解説付きブックマークを作ってくださいました!
  ものすごくよくまとまっており参考になります。どうぞご活用ください。(ご本人に承諾を得てリンクさせていただきました。)
http://b.hatena.ne.jp/taroleo/sigmod09/
  ・無事に終了しました。とっても内容の濃い一日になりました。参加された皆様どうもありがとうございます。
  今回紹介した内容はエッセンスのみですので、興味を持たれた論文はぜひ読みこんで著者と議論する
  なりしてください^o^

 ・発表資料全部入り(zipファイル)をここにおきます。
 ・発表の様子をUSTREAMでストリーム配信しました。      

日程・場所

2009年8月5日(水)10:15~18:00 お茶の水女子大学理学部3号館2F会議室
 ・お茶大まで
 ・正門から会場まで(建物入ってすぐの部屋です)
 ※お茶大に入る際の注意
    正門の守衛さんチェックがそれなりに厳しいです。
    学生証または身分証の提示と(必要であれば)イベント名を伝えてください。

趣旨

SIGMOD2009 の全論文を手分けして制覇する会を開きたいと思います。
1本につき5分で紹介し,一日で全部をつぶします。
今回初めての試みで進め方など手探りなところが多いですが、どうぞよろしくお願いします。

なお、この会はCHI勉強会に(ちょっとだけ)参加させてもらって、ぜひDBコミュニティ
でも!と思い企画しました。分野や論文の性質の違いから、まったく同じやり方でいけ
るかどうかは分かりませんが、そのあたりは相談しながらやっていきたいと思います。

紹介する論文

・SIGMOD2009(http://www.sigmod09.org/)のResearch Sessionの全論文(セッション数21,論文数63)
・その他IndustrialやInvitation,PODSなど紹介したい論文やセッションがありましたら部分的に
 希望者によりカバーしたいと思います

資料作成要領

  ・論文を精読する必要はありません凝った資料を作る必要もありません.正確に内容を伝えるというより
  参加者が気になる論文を後から調査できるようチェックできるような資料作りを心がけてください.
  ・発表スライドは8月3日までに提出してください。発表者の交代の際の時間を短縮するためにこちらで資料を
    まとめ、こちらの用意したPCで発表していただくことになります。提出先は後日お知らせいたします。
  ・スライドはMicrosoft PowerPoint 2007かそれ以前のバージョンで作成してください。
  ・作業の簡略化のためスライドデザインは以下のものに統一いたします。下記のファイルをダウンロードして
   作成してください。

  ・スライドの枚数は1セッションで最大12ページ(目安としては4ページ/1本)といたします。
   ・1本4ページ毎に割り当てても結構ですし,事前知識の説明など必要でしたら、それも含めて12ページ
   まとめてください。

 【決まりではないですがスライド造りのコツ】
   ・数式やアルゴリズムは論文で確認できますので、それら載せるよりはを説明したほうが良いと思います。
  ・図を多用してください。

開催要項

・論文割り当て:セッションごとに割り当てます。後日、当ページにリストを載せますので
 希望するところに名前を書き込んでください。
 学生の場合は2~3人で1セッションということで登録しても構いません。

・論文紹介者(敬称略)
   渡辺(お茶大),お茶大渡辺研:新井,斎藤,ユスフ,諌本,カンウィパー,中部,山田,合田,野澤,中島
  天笠(筑波大),高橋(筑波大),駒水(筑波大),川島(筑波大),阿部(筑波大)
  小林(NEC),榎(IBM),橋本(千葉商科大),豊田(NTT),鬼塚(NTT),石川(名大),渡辺(東工大)
  的野(産総研),数原(NTT),Kit Chantola(筑波大),斎藤(東大),合田(東大),三島(東大&NTT)
     品川(農工大),早水(東大),村本(東大),上條(東大)

聴講申し込み

今回論文紹介をされない方でも,ご気軽に聴講にご参加ください。
参加を申し込まれる方は、以下のフォームからお願いします。人数把握のため事前の申し込みをどうぞよろしくお願いいたします。
(終了しました)


プログラム

プログラムはこちらに掲載いたしましたのでご参照ください。


立案&幹事:渡辺知恵美、天笠俊之 

ą
Chiemi Watanabe,
2009/07/29 1:30
Comments