帰納的方法

  1. 観察

聖書は 何と言っているかを発見する

  1. 解釈 :

著者の視点から聖書が意味することは何かを発見する

  1. 適用

どのように自分自身が実践するかを発見する


2通りの

帰納的方法

演繹的方法

1.     開かれた思いを持ってみ言葉に接する

自分が真実だと思うことをすでに念頭  におきながらみ言葉を開く

2.     発見したいと願う

自分が真理だと思うことを実証したい

3.     結論は最後に出し、初めからは持たない

結論がすでにあり、それを支持する箇   

所を探す

4.     全体の流れ・文脈に沿ってみ言葉を学ぶ

み言葉を断片的に学ぶ

5.     間違った考えを正すことに有益な方法

間違った考え方でも支持しうる

(教義的神学、その他)

6.     知っている人、知らない人誰にでも簡単に学べる方法

聖書について完全な知識をもっている

場合にのみ用いることができる

7.     聖書に何が真理かを語らせる方法

何が真理かを私が聖書に語る

8.     テキストを客観的に扱う

テキストを主観的に扱う

9.     解釈は一つだけ

たくさんの解釈がある

10.                       聖書が基準

個人の考えが基準になってくる

 


 

帰納法のアプローチの本質:


  • 聖書についての本ではなく、聖書そのものをお読みください。 

  • 文脈に沿って聖書を読んでください。 

  • 聖書を読み、事前に持っているという考えを捨てる。 

  • 神によって尋ねたが - 神の目を通して、聖書を読んでください。 

  • 私は聖書を読む。 

  • 私は聖書を読む。 

  • とにかく、私は聖書を読む。




 

聖霊の働き

人の応答

結果

 

観察

明白なものに焦点     

啓発


道理


事実と情報 

解釈

文脈に沿う


教え


 

判断


 

理解


 

適応

個々から始める

自覚

教示 

要約

アカウントビリティー

永久的原則

変化