検索結果

高田秋光」の 1-10 / 16 件の結果を表示しています

【332】高田秋光(たかだ あきみつ)さん 2017/04/09 14:51 最終編集: 寺内昇

2017年4月10日(月)【332】   高田秋光さん  お名前 / 年齢  高田秋光(たかだ あきみつ)/ 53 歳 / 既婚  仕事 ・農業(農事組合法人みずほファーマーズ・理事)  好きな言葉・こと・もの ・努力  苦手なこと・もの ・ヘビ  農事組合法人みずほファーマーズ について ・地域に根ざした農業  これからの夢 ・幸せな老後   みずほファーマーズ農作業風景(撮影 ...

北竜町の輝く人々 ‎>‎ 北竜町民 ‎>‎ 【332】高田秋光(たかだ あきみつ)さん

「ひまわりすいか」の定植を「みずほの里・高田(秋)農場」で見学! 2011/05/29 5:01 最終編集: 寺内昇

2010年4月8日(木) 北海道北竜町(ほくりゅうちょう)の高田秋光さん(46歳)が経営する「みずほの里・高田(秋)農場」で、「黄小玉(きいこだま)すいか2号」の定植を見学させていただきました。(すいかの参照: 野菜図鑑「すいか」・独立行政法人農畜産業振興機構) 北海道北竜町「みずほの里・高田(秋)農場」 朝から雲ひとつない青空が広がり、風もなく、定植作業に適した天候に恵まれました。ビニールハウスが太陽の陽を浴びて輝いていました。      日焼けしてダンディーな ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 「ひまわりすいか」の定植を「みずほの里・高田(秋)農場」で見学!

「ひまわりすいか」8週間後@みずほの里・高田(秋)農場 2011/05/29 7:54 最終編集: 寺内昇

2010年6月7日(月) 4月8日の定植から8週間が経ちました。高田ファームのひまわりすいかは、大きいので約1,8Kgの大きさに成長しました。縞模様も入って、立派な成長ぶりです。 「ひまわりすいか」8週間後@みずほの里・高田(秋)農場 日中、ハウスの中は30度を超える暑さ。朝晩は10度前後と温度差は大きい。 たくさんの着果(ちゃっか)棒が立てられていました。すいかの花が受粉して実が着いて(着果)、実がピンポン玉くらいの大きさになった時点で、実のそばに棒を立てていく。 棒は5色に色分けされ、さらに棒につけるテープの旗の色で着果日を区別します。同じ週は同じ色の棒、曜日は棒につけるテープで区別。 そして、着果棒を立てたその日 ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 「ひまわりすいか」8週間後@みずほの里・高田(秋)農場

北海道指導農業士「渡邊靖範氏 受賞祝賀会」「高田敏幸氏・山本剛詞氏永年勤続感謝の集い」 2015/07/18 3:52 最終編集: 寺内昇

... 北竜町の指導農業士 山本剛嗣 氏(昭和23生生まれ)平成7年認定 高田敏幸 氏(昭和22年生まれ)平成9年認定 佐藤 稔 氏(昭和30年生まれ)平成15年認定 高田秋光 氏(昭和38年生まれ)平成17年認定 渡邊靖範 氏(昭和26年生まれ)平成26年認定  ◎ 北竜町の農業士 伊藤隆幸 氏(昭和49年生まれ)平成21年認定 髙橋孝行 氏(昭和51年生まれ ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 北海道指導農業士「渡邊靖範氏 受賞祝賀会」「高田敏幸氏・山本剛詞氏永年勤続感謝の集い」

「ひまわりすいか」初出荷(2010年)! 2011/05/29 7:59 最終編集: 寺内昇

2010年6月18日(金) 高田(秋)農場の北竜「ひまわりすいか」が、初収穫・初出荷となりました。手のひらに乗るほど小さくて、黄色い果実が特徴の黄小玉すいか。4月8日の定植から約10週間後(71日)。 高田秋光さん、智美さんご夫婦の素敵な喜びの笑顔です。 初出荷の喜びに溢れる「ひまわりすいか部会」高田秋光さん・智美さんご夫婦 朝8時から初収穫の開始。着果棒を目安にひとつずつ慎重に収穫していきます。腰には、すいかを乗せていたトレイを回収するための大きな袋が結びつけられています。           収穫されたすいかは、絨毯の引かれた広い倉庫に運ばれます。 重さを測って、大きさ毎に分類。その後すいかは、熱い想いをこめて ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 「ひまわりすいか」初出荷(2010年)!

空知農業改良普及センター北空知支所の「水稲品種比較展示ほ」を見学しました 2011/05/29 0:19 最終編集: 寺内昇

2010年9月8日(水) 空知農業改良普及センター北空知支所の「水稲品種比較展示ほ」を見学させていただきました。 農業改良普及センターとは「農業改良助長法」に基づいて、広域における農業・農村の発展のための指導を行う組織です。国と都道府県が協同して、普及事業を展開しており、北海道には14の農業改良普及センターがあります。 この日は空知農業改良普及センター北空知支所沼田分室・地域第4係・専門普及指導員 藤原昭博さんと佐竹浩二さんが、稲の籾の数や収量を調べるための準備作業をされていました。 空知農業改良普及センター北空知支所 藤原昭博さん(左)、佐竹浩二さん(右) 水稲設置場所である農場は、北竜町三谷(瑞穂)の高田秋光さんの水田です ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 空知農業改良普及センター北空知支所の「水稲品種比較展示ほ」を見学しました

農事組合法人みずほファーマーズ(北海道北竜町) 2018/02/25 22:15 最終編集: 寺内昇

... 2390  (小松正美 代表理事 携帯・自宅FAX)   法人成立 2016年(平成28年)5月6日  役員 ・代表理事:小松正美 ・理事  :西野利幸、高田秋光、後藤敦  事業 1.組合員の農業に係る共同利用施設の設置  (当該施設を利用して行う組合員の生産する物資の運搬、   加工又は貯蔵の事業を含む)及び農作業の共同化に関する事業 2.農業の経営 3.前各号に附帯する一切の事業   払込済み出資金額 ・金40万円  総収入 ・165 ...

農事組合法人みずほファーマーズ(北海道北竜町)

農事組合法人みずほファーマーズ【No.20】稲刈り&土作り 2017/09/28 18:43 最終編集: 寺内昇

... 圃場を整備して 収穫された稲は、トラックに積んでライスセンターへと運搬。 一方、稲刈り後の田んぼでは、ケイ酸資材「とれ太郎プラス」の散布が同時進行しています。ケイ酸は、肥料成分の1つで、稲を硬く丈夫にし、稲のタンパク含有量を下げる効果があります。   刈り取った圃場からケイ酸資材を散布します 農事組合法人みずほファーマーズ・高田秋光 理事に、お忙しい中お話を聞かせていただきました。   農事組合法人みずほファーマーズ・高田秋光 理事 「ケイ酸資材は、米に必須な肥料のひとつで、窒素やリン酸と違って、土壌改良剤(土壌を作物の生育に適する状態にするために施す薬剤)的なもので、蕨(わら)にも含まれています。ケイ酸は稲の生育を促進するとともに ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 農事組合法人みずほファーマーズ【No.20】稲刈り&土作り

農事組合法人みずほファーマーズ【No.11】今日のランチは手作りカレー 2017/05/21 5:42 最終編集: 寺内昇

2017年5月21日(日) 田植え作業真っ盛りの農事組合法人みずほファーマーズでの今日のランチは、真心のこもった手作りカレーが振る舞われました。高田秋光理事の奥様手作りの絶品カレーです!!! 高田秋光理事の奥様手作りの絶品カレー お肉や野菜をじっくりと煮込んだ愛情たっぷりカレー! ピリ辛のスパイスが刺激的で、疲れた身体と心を癒やしてくれるような、とろ~りとろける美味しさです。 皆さん、山盛りのカレーを夢中でガブリッ!!! 事務所の台所 大鍋! メガ盛り! いっただきま〜す!! 皆で一緒にランチ・美味かった〜! あっという間に、カレールーも炊飯ジャー3釜のご飯も完食! 美味しい田植えランチで力を蓄え、午後の作業に備えます ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 農事組合法人みずほファーマーズ【No.11】今日のランチは手作りカレー

農事組合法人みずほファーマーズ【No.21】大豆の収穫スタート 2017/10/15 19:56 最終編集: 寺内昇

... 農事組合法人みずほファーマーズで、大豆収穫作業が始まりました。8条刈りの汎用コンバインが、豪快にかつ慎重に大豆畑を進みます。   紅葉をバックに大豆の収穫(撮影:2017年10月14日) 「大豆収穫時は、実や茎の水分量が大切です。水分量が高いと大豆に汚粒や損傷粒が発生しやすくなるので収穫適期判断は慎重に行っています。その日の気象条件は、当日の時間帯によって変化するので、水分状態を十分確認しながら作業を進めています」と、高田秋光 理事。 収穫した大豆はコンテナに積まれ、深川穀類乾燥調製貯蔵施設「深川マイナリー」に運ばれます。   汎用コンバイン8条刈り   豪快かつ慎重に   フレコンに積み込み   収穫したばかりの大豆 ...

特集記事・新着情報 ‎>‎ 農業 ‎>‎ 農事組合法人みずほファーマーズ【No.21】大豆の収穫スタート