検索結果

山本剛嗣」の 1-10 / 37 件の結果を表示しています

山本剛嗣(やまもと こうじ)さん 2014/01/13 14:32 最終編集: 寺内昇

2014年1月14日(火)【105】   山本剛嗣さん  お名前 / 年齢  山本剛嗣(やまもと こうじ)/ 65歳 / 既婚  仕事 ・農業(稲作6.2ha) ・北竜町議会 議員  好きな言葉・もの・こと ・スポーツ(野球)  苦手なこと・もの ・話をすること(スピーチ)  これからの夢 ・元気で長生きすること   奥様の視点 ・粘り強く ...

北竜町の輝く人々 ‎>‎ 北竜町民 ‎>‎ 山本剛嗣(やまもと こうじ)さん

議員コラム・山本剛嗣 議員 2015/11/10 14:27 最終編集: 寺内昇

... 生産者がこのままではいけないとの思いから麦や大豆への作付けの増加、助成金が高い飼料用米の生産が定首したことが生産調整達成に大きく関わったようです。  こうした対策が実を結び、米価も上昇傾向にあるようです。しかし、政府は2018年度に生産調整を廃止する方向で検討を進めており、今後は生産者団体自ら転作配分していくことや、過剰作付けを無くしていくことが重要だと思います。(山本 剛嗣)       左:北竜町豊穣の秋 2015                右: 山本剛嗣(やまもとこうじ)さん ◆ 関連記事・ページ ・ 北竜町産・ひまわりライス ◇

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム・山本剛嗣 議員

議員コラム・山本剛嗣 議員 2014/04/03 15:48 最終編集: 寺内昇

... 米の消費量にも影響を与えている。国民一人当たりの年間消費量はピークの昭和37年の117kgが昨年は54kgに半減し、国内で毎年8万トン減が続いている。  道内食率(北海道の人が道内産の米を食べている割合)が平成24年で91%になり、これは「ゆめぴりか」を始め最近の良食味品種のおかげであります。街へ行くと飽食の時代と言われ、色々な食べ物が沢山ありますが、日本産の良材を見直したいものです。(山本)     山本剛嗣(やまもと こうじ)さん

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム・山本剛嗣 議員

議員コラム・山本剛嗣 議員 2014/11/06 12:33 最終編集: 寺内昇

... 傍めで見ていても水を入れたらとも思いましたが、農業者は悪循環を断ち切りたいと思いが強く、畦畔の近くは、乾き過ぎて減収になっても仕方ないとの決意でした。  幸いなことに七月の下旬から収穫まで一週間ぐらいの間隔で適度な雨が降ったおかげで大きな減収にはならず、豊作で終わりました。  収穫後の当人の話として、途中何度か水を入れようか迷ったこともあったようですが雨に肋けられたとのことでした。  ついつい収量のことを考えると乾き過ぎは避けようとしますが、乾かそうとの信念が良い結果となって表れたものと思います。(山本)       左: 北竜町豊穣の秋                右: 山本剛嗣(やまもとこうじ)さん ◆ 関連記事・ページ ・ 北竜町産 ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム・山本剛嗣 議員

議員コラム・山本剛嗣 議員 2016/12/30 20:23 最終編集: 寺内昇

2016年7月 議会だより No.301 議会広報委員会より抜粋 広報ほくりゅう・No.611・2016年7月号 議員コラム きたそらち農協が毎年行って いる農産物共励会(平成27年産)で秋まき小麦の部(2町以上)において、農事組合法人碧水農場が最優秀賞に輝きました。畑作物において町内の農家が最優秀賞を取ったのは、初めてのことだと思います。すばらしい快挙で大変喜ばしいことです。 農協管内の収量は平均434kgで、「きたほなみ」が普及し て以降最高収量とのことであります。ちなみに碧水農場の収量は724kgでした。 生産調整が始まって、転作で麦などの作付けが始まりましたが、水田跡地のため水はけが悪 く、除草剤を上手に使えなかっこともあり ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム・山本剛嗣 議員

議員コラム・山本剛嗣 議員 2017/03/06 14:51 最終編集: 寺内昇

2017年3月 議会だより No.309 議会広報委員会 より抜粋 広報ほくりゅう・No.619・2017年3月号 議員コラム 「米国第一主義」を掲げてトランプ米大統領の政権が誕生いたしましたが、大統領選ではクリントン氏の勝利を信じた人が多かったように思います。 トランプ氏の演説の大半は女性軽視など人の悪口、常識を疑うような言葉遣いで大胆なことや物議を醸すようなことを言って、新聞・テレビなどマスコミに取り上げてもらい国民の関心を集めてきたようです。公職や政治家の経験もなく実業家だとのこと。 まさか、まさかの勝利でありました。大統領の就任式も終わり、大統領令を発動してメキシコ国境への壁、特定の国からの入国禁止、アメリカで車を作れ等 ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム・山本剛嗣 議員

議員コラム(山本剛嗣 議員) 2013/09/04 17:01 最終編集: 寺内昇

2013年8月 議会だより No.266 議会広報委員会 より抜粋 広報ほくりゅう・No.576・2013年8月号 議員コラム  今年から、北海道が取り組む事業として「集落総合対策モデル事業」がある。人が減り、お年寄りばかりになり集落の基礎となる冠婚葬祭もままならない。  商店もない、そんな集落の問題、課題を整理し、解決に向け協議を重ねて方向性を打ち出し実践に取り組むためのモデル事業とのことだ。  道が公募し、納内と母子里のほか上川管内の一地区が選ばれた。  納内地区は、人目一千九百五十人、六十五歳以上のお年寄りが四十二%を占め、地元企業の廃業で市街地の空き家が目立ち、農村地域の離農が続いているとのこと。  母子里地区は ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム(山本剛嗣 議員)

議員コラム(山本剛嗣 議員) 2012/07/03 15:24 最終編集: 寺内昇

2012年4月 議会だより No.250 議会広報委員会 より抜粋 広報ほくりゅう・No.560・2012年4月号 議員コラム  サッカーのコンサドーレ札幌が今年、4年ぶりにJリーグ1部に昇格した。過去に1部に3度昇格したが、残留で きたのはあの岡田監督(元日本代表監督)が指揮を執った今から11年前の平成11年の1度だけである。  昨年の12月3日のJ2のFC東京との最終戦、勝てば1部に昇格できる大事な試合が、札幌ドームで行われ4万人近い大観衆が応援する中みごとに勝利を納めたのでした。今度こそ1部に定着して優勝を争うようなチームになってほしいものです。久し振りに道内のスポーツ界に明るい話題を提供してくれました。  北海道を地盤とするプロスポーツは ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム(山本剛嗣 議員)

議員コラム(山本剛嗣 議員) 2011/12/01 18:12 最終編集: 寺内昇

2011年8月 議会だより No.242 議会広報委員会 より抜粋 広報ほくりゅう・No.552・2011年8月号・ PDF 一覧はこちら 議員コラム  今年も早いものでもう一年の半分を過ぎ7月に入ってきました。春先以来、雪も少なくなくほぼ平年並の天候で推移してきましたが6月下旬からの日照不足と降雨により水 稲を始め小麦、大豆など農作物全般に4日程度の遅れが出ているとのことです。(7月1日普及センター発表)特に水稲については幼穂形成期が過ぎ草丈、葉数、茎数とも平年より少ないとのこと、今が成育に大きな影響を与える大事な時期であり、又このような日照不足、加湿状態が続くとイモチ病の発生も心配されます。  農業は天候によって作況が左右されますし ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム(山本剛嗣 議員)

議員コラム(山本剛嗣 議員) 2012/12/03 19:52 最終編集: 寺内昇

2012年12月 議会だより No.258 議会広報委員会 より抜粋 広報ほくりゅう・No.568・2012年12月号 議員コラム ▶ 北海道電力では、この夏前年対比7%以上の節電をお願いし、企業などの協力により節電目標を大きく上回ったようです。この冬も12月10日からの目標も同じ7%だが、北海道において冬の節電は夏より難しいように思う。道内の冬は、暖房とくに最近はオール電化の住宅もあり、特に高齢者の住宅に多いようです。  又早く日が暮れるため、照明を付ける時間も多くなる。これらの対策として室内の温度を例年より下げる。照明もこまめに消す等が求められております。 ▶ 国道等においてロードヒーティングの一部抑制をすることも検討されておるようですし ...

北竜町 ‎>‎ 北竜町議会 ‎>‎ 議員コラム(山本剛嗣 議員)