ホーム‎ > ‎利用手続き‎ > ‎

退職・転出される方へ

退職・転出後のアカウントについて

本学の籍を喪失された方は、それと同時にメディアセンターのアカウントも自動的に廃止されます。アカウントが必要なサービス(電子メール、キャンパスネットワーク接続、仮想端末室など)はすべて利用できなくなります。メディアセンターでは離籍された方向けのサービスは提供していないため、退職・転出後のサービス利用(特に年度を越えての利用)は一切できません

注意事項

  • どのような事情がある場合でも、アカウントの復旧や利用期間の延長は一切できません
  • 各システムの利用方法など詳細なお問い合わせには応じかねます

退職・転出までに行っていただきたいこと(1):各種データのバックアップ

メールやクラウドサービス(G Suite/Office365)からのデータのバックアップ

電子メールサービスやクラウドサービスにアップロードされているデータは、アカウントの廃止と同時に削除されます。削除後の復元は一切できません。アカウントが廃止される前に、各サービスからダウンロードを行って下さい。G Suiteには各種データを一括でダウンロードできる「Googleテイクアウト」を利用するのが便利です。

ホームディレクトリにあるファイルのバックアップ

仮想端末室やLinux演習サーバから利用できるホームディレクトリ(個人領域)は、アカウントの廃止と同時に削除されます。削除後の復元は一切できません。アカウントが廃止される前に、TUAT Cabinetを通じてファイルのダウンロードを行って下さい。

サイトライセンスで取得したアプリケーションのアンインストール

Microsoft Officeアプリケーションやウィルス対策ソフトウェアなど、本学とソフトウェアベンダーとの契約に基づき提供しているすべてのサイトライセンスアプリケーションは、本学の籍が無い方は一切利用できません。退職・転出までに必ずアンインストールを行って下さい。また、Office365 ProPlusは本学のアカウントが必要ですので、アカウントが廃止されるとプログラムの利用もできなくなります。

退職・転出までに行っていただきたいこと(2):申請情報の適切な移管

総合情報メディアセンターの提供する電子メール等のサービスに管理者として登録されている方は、退職・転出に伴いサービスの管理者移管または廃止の手続きが必要です。この手続きを行わないと、継続して利用するサービスを含む全てのサービスが自動的に廃止されますので、継続して利用されるサービスは、退職前に必ず管理者移管の手続きを行ってください。

総合情報メディアセンター・申請管理システム「Salut」から各サービスの管理者移管または廃止処理

総合情報メディアセンターのホームページのメニューから申請管理システム「salut」に TUAT-ID でログインすると、「サービス提供中の申請情報一覧」が表示されます。各サービスに対し、管理者を移管する場合は移管ボタン、廃止する場合は削除ボタンをおして手続きをお願いします。(削除ボタンをおすと、即時削除され復活させることはできませんので、ご注意ください。)

管理者を移管する場合は、移管先のユーザによる「受理」が必ず必要です。移管先の管理者の方に、申請管理システムにログインいただき、移管申請の「受理」を行っていただくようお伝えいただき、作業をお願いして下さい受理を行わないと移管は成立しません

移管・廃止処理に関してご注意いただきたいこと(必ずお読みください)

  1. 手続きの対象となるのは、申請管理システム「Salut」にログインした時に、「サービス提供中の申請情報一覧」として表示される次の申請項目です。「サービス提供中の申請情報一覧」に表示されていないサービスの申請は不要です。

    ・ 全学電子メールシステムのフレンドリーアドレス申請
    ・ 全学電子メールシステムの追加メールBOX申請
    ・ メーリングリストの利用申請
    ・ 学内ネットワーク一時利用申請
    ・ 認証ネットワークのMACアドレスの登録申請
    ・ 固定IPv4アドレスの登録申請
    ・ IPv4ファイアウォールの設定申請
    ・ サブドメイン名の利用申請
    ・ Webホスティングサービスの利用申請
    ・ ソフトウエアの利用申請
    ・ 無線LANゲスト利用申請

  2. TUAT-ID や SPICA-ID、全学メール(xxxx@go.tuat.ac.jp 、xxxx@me.tuat.ac.jp)については、退職に伴い自動的に廃止されますので、手続きは不要です。

  3. 名誉教授は退職後も継続してメールアカウントを一つ利用できます。
    継続して利用を希望される方は、継続したいメールアドレス、職員番号、氏名を staff @ ml.tuat.ac.jp 宛までメールにて連絡をお願いします。
     
  4. TUAT-ID、SPICA-ID 自体は各個人に付与されたものであるため移管できません。

※ 総合情報メディアセンター・申請管理システム「Salut」での手続きがご不明の方、うまくいかなかった方

ご本人が、職員証をご持参の上、総合情報メディアセンター窓口(小金井地区:図書館入口センター受付、府中地区:新2号館2階管理室)までお越しください。海外長期出張や職場が小金井・府中キャンパス以外の理由等で窓口に来られない場合は、来られない理由、職員番号、氏名、退職予定日、サービス名と廃止または管理者変更を明記の上、「退職予定」の題名で imc-help @ go.tuat.ac.jp 宛まで、必ずご本人より、メールにて連絡をお願いします。管理者移管の場合は、移管先管理者の氏名および TUAT-ID(または職員番号)の明記もお願いします。正しい手続きが行われない場合や必要事項の記載がない場合、手続きを進めることはできません。