ホーム‎ > ‎利用手続き‎ > ‎

卒業される方へ

卒業後のアカウントについて

卒業に伴い、アカウントは自動的に廃止されます。上位システムでの学籍の喪失と同時に、メディアセンターのアカウントも廃止となります。アカウントが必要なサービス(電子メール、キャンパスネットワーク接続、仮想端末室など)はすべて利用できなくなります。メディアセンターでは離籍された方向けのサービスは提供していないため、卒業後のサービス利用(特に年度を越えての利用)は一切できません

注意事項

  • どのような事情がある場合でも、アカウントの復旧や利用期間の延長は一切できません
  • 各システムの利用方法など詳細なお問い合わせには応じかねます
  • 学籍の無い方からのお問い合わせにはお答えできません

卒業までに行うべきこと

メールやクラウドサービス(G Suite/Office365)からのデータのバックアップ

電子メールサービスやクラウドサービスにアップロードされているデータは、アカウントの廃止と同時に削除されます。削除後の復元は一切できません。アカウントが廃止される前に、各サービスからダウンロードを行って下さい。G Suiteには各種データを一括でダウンロードできる「Googleテイクアウト」を利用するのが便利です。

ホームディレクトリにあるファイルのバックアップ

仮想端末室やLinux演習サーバから利用できるホームディレクトリ(個人領域)は、アカウントの廃止と同時に削除されます。削除後の復元は一切できません。アカウントが廃止される前に、TUAT Cabinetを通じてファイルのダウンロードを行って下さい。

サイトライセンスで取得したアプリケーションのアンインストール

Microsoft Officeアプリケーションなど、本学とソフトウェアベンダーとの契約に基づき提供しているサイトライセンスアプリケーションは、本学の籍が無い方は一切利用できません。卒業までに必ずアンインストールを行って下さい。また、Office365 ProPlusは本学のアカウントが必要ですので、アカウントが廃止されるとプログラムの利用もできなくなります。

進学をされる方へ(学部→修士、修士→博士)

各種データのバックアップ(進学の方も必要です)

進学をされる方も学籍番号の変更に伴い、IDが変更となります。このため、進学をするとメディアセンターのアカウントも新しいものへとなります。このため、進学をした方についても、古いIDに紐付くメールやデータは一定の猶予期間(おおよそ新年度が始まってから半月)の後、利用できなくなります。引き続きそれらのデータが必要な方は、必ずメールやクラウドサービスのデータのバックアップやホームディレクトリにあるファイルのバックアップを行う必要があります。

フレンドリーメールアドレスの移行

フレンドリーメールアドレスは全学電子メールシステムのエイリアスアドレスで、分かりやすいメールアドレスとすることのできるサービスです。フレンドリーメールアドレスはユーザ間での移管ができ、進学前のTUAT-IDから進学後のTUAT-IDに移すことも可能です。移管の手続きは、申請管理システムを通じて、移管元(進学前のTUAT-ID)での「移管申請移管先(進学後のTUAT-ID)での「受理がセットで必要です。受理を行わないと移管は成立しません。