ホーム‎ > ‎サービス一覧‎ > ‎電子メール‎ > ‎

フレンドリーメールアドレス

全学電子メールをより便利に活用していただくために、「フレンドリーメールアドレス」という新たな仕組みを導入しています。これは、ユーザの希望に応じたメールアドレスでメールを受信できるようにするもので、以下の特徴があります。申請は、総合情報メディアセンター申請管理システム「Salut」を通じて行うことができます。

特徴

フレンドリーメールアドレスは以下の特徴があります。
  • 全学電子メールシステムのメールアドレスにユーザ独自の名前を付けることができます
    • @の前をTUAT-IDではなく、自分の好きな名前にすることができます。
    • ユーザにとって分かりやすいメールアドレスを持つことができます。
  • 申請管理システムを通じてオンラインで申請、登録ができます
  • ひとりにつき、1つのフレンドリーメールアドレスが設定できます
    • 学生の方は在学期間中に1度のみ設定ができます(進学しTUAT-IDが変わると再度設定できます)
    • 教職員の方は適時変更いただけますが、設定できるものは1つのみです
  • ユーザ間でフレンドリーメールアドレスの移管申請ができます
    • 学生の場合、進学するとTUAT-IDが変更となるため、これまでは利用できるメールアドレスが進学の都度変更となっていました。フレンドリーメールアドレスはユーザ間で移管できるので、たとえば学部時代のTUAT-IDから大学院進学後のTUAT-IDにフレンドリーメールアドレスを渡すことができます。これによって、固有のメールアドレスを進学に伴って変更する必要がなくなります。

利用例

たとえば、(TUAT-ID) @ st.go.tuat.ac.jp というメールアドレスを使っている学生が
friendly1」というフレンドリーメールアドレスを申請した場合、
  • (TUAT-ID) @ st.go.tuat.ac.jp 宛のメールは引き続きあなたのgmailのメールボックスに届きます
  • friendly1 @ st.go.tuat.ac.jp 宛のメールもあなたのgmailのメールボックスに届くようになります
Office365側にも同時にフレンドリーメールアドレスが設定されるため、
  • (TUAT-ID) @ st.me.tuat.ac.jp 宛のメールは引き続きあなたのOffice365のメールボックスに届きます
  • friendly1 @ st.me.tuat.ac.jp 宛のメールもあなたのOffice365のメールボックスに届くようになります
    • 設定を変更していない場合、Office365宛のメールはgmailに自動的に転送されるため、
      (TUAT-ID) @ st.me.tuat.ac.jp 宛のメールも、friendly1 @ st.me.tuat.ac.jp 宛のメールも、
      いずれもgmailのメールボックスに届くようになります
 ※教職員についても@の後ろ側が異なるのみでメールの届く流れは変わりません。

フレンドリーメールアドレスの申請と利用について

フレンドリーメールアドレスを利用する場合、総合情報メディアセンター申請管理システムを通じて申請が必要です。
申請が行われると、申請されたフレンドリーメールアドレスでもメールが受信できるようになります。
(システム処理の関係で申請直後すぐには設定されません。申請したら少しお待ちいただきお試しください。)

 【 注 意 事 項 】
 ※フレンドリーメールアドレスに設定できる文字には限りがあります
 ※同一のフレンドリーメールアドレスは複数設定できません。フレンドリーメールアドレスの申請は先願主義となります。
  (他の方がすでに同一のフレンドリーメールアドレスを設定している場合、その名前は使用できません)
 ※一度利用されたフレンドリーメールアドレスは削除申請がされた後でも再利用できません。(本人の再申請の場合も同様です
 ※学生の方は申請・設定は在学中1度のみです。一度設定したフレンドリーメールアドレスは削除以外行えません
  (操作を誤った場合でも救済措置は一切ありませんので、十分注意して申請して下さい)
 ※2015年度以前入学者の移行措置であるSPICA-IDによるメールアドレスフレンドリーメールアドレスではありません
  (申請の必要ありません。また、SPICA-IDによるメールアドレス変更・削除はできません

フレンドリーメールアドレスを利用したメールの送信

フレンドリーメールアドレスは、各メールシステムの「エイリアス」という機能を利用し、当該のメールアドレスでの「メール受信」を行うための設定を各メールシステムに行うことで実現しています。このため、フレンドリーメールアドレスをFrom(差出人)としてメールを出す場合、メールシステムごとに設定・対応等が必要となります。

G Suite/gmail (*.go.tuat.ac.jp) の場合

gmailではWebメールでメールを出す場合のFrom(差出人)を手動で変更することができます。
フレンドリーメールアドレスをFrom(差出人)としてメールを送信する場合は以下の手順を確認いただき、設定を行って下さい。
フレンドリーメールアドレスを変更・削除した場合もgmail側で設定(変更・削除)を行う必要があります
 (これを行わない場合、メールが正しく受信できなくなる場合がありますので、忘れずに設定をお願いします)
※Webメールではなく、メールソフト(Thunderbirdなど)を利用している場合は、メールソフトの設定を各自で変更して下さい。

Office365 (*.me.tuat.ac.jp) の場合

Office365ではWebメールでメールを出す際のFrom(差出人)はマイクロソフトの仕様により変更できません
フレンドリーメールアドレスでのメール受信は問題なくご利用いただけます。
From(差出人)を変更する必要がある場合は、G Suite/gmail (go.tuat.ac.jp/st.go.tuat.ac.jp) を利用下さい。