ホーム‎ > ‎サービス一覧‎ > ‎

資料共有サービス(Classroom/Cabinet)

Google Classroom

Google ClassroomはG Suiteに含まれる簡易的なLMS(Learning Management System)です。
学習資料の共有などに利用いただけます。

アカデミック契約をしていますので、一般のGoogleサービスでは利用できないGoogle Classroom等が利用できます。Google Classroomは講義資料の配付、回収をするためのLMS的サービスです。サービスが利用可能であれば、講義毎の申請や事前設定は必要ありません。必要なときにログインして設定すればすぐに利用できます。講義の枠を設定する必要がないため、ゼミ等にも利用可能です。
※ ログインIDにはTUAT-IDではじまるメールアドレスの@以下もすべて入力(Gmailアドレス)してください。
※ ログインに利用するメールアドレスは、<TUAT-ID>@go.tuat.ac.jp または <TUAT-ID>@st.go.tuat.ac.jp です。

Google Drive

G Suite for Education(Google系クラウドサービス)のDrive(ドライブ)の機能でファイルを共有できます。チームドライブの機能が利用できますので、研究室内でのファイル共有等にも利用できます。ログイン方法等は G Suite の項目を確認してください。

大容量ファイル共有サービス(TUAT Cabinet)

大容量のファイルをやりとりするためのサービスとして Webブラウザを利用したツール(Proself)が利用できます。

主な機能
 - ファイル一覧
  ・ファイルの一時保存
  ・仮想端末室のホームディレクトリ
 - ファイル送信(ファイルを共有してアドレスをメールで知らせる。)
 - ファイル受信(アドレスをメールで知らせて、そこにファイルをアップロードしてもらう。)
※ ファイル送信とファイル受信の機能(めるあど便の機能を継承)は学生は利用できません。

一時的なファイルのやりとりに利用するためのものであるため、長期間の保存はできません。
長期間の保存が認められた場合にはファイルの削除やアカウントの利用を制限させていただくことがあります。
Google Drive でも同様のことが可能であるため、2020年末にはサービス提供を終了します。
Google Drive にファイル共有の有効期限等の機能が実装された場合、サービス提供終了を早めることがあります。
利用手順書は「各種資料」にあります。