エリア拡大方針

無線LANサービスエリアの拡大方針

初期構築は講義棟など学生が学業のために利用しやすい場所を優先(※1)、電子計算機借料では各学部の情報委員にて順位付けされたもののうち予算内におさまったところまでを対象としました(※2)。エリアの拡大は下記の方針に従います。
  • 設置希望の部署や部局等で費用負担(※3)。
  • 費用はアクセスポイント本体、ライセンス費(WLC / PI / MSE)、工事費、保守費(毎年)が必要となります。
  • 処理能力的にはアクセスポイント1台あたりクライアント20〜30台の同時接続が目安です。
  • ライセンス費用は1台ごとの購入ではありませんので、導入のタイミングによって変動します。(ライセンスが足りていればその分の負担が無い)
  • アクセスポイントの数が全体で一定数を超えるとコントローラが必要となるため、上記の他にコントローラ代が必要となります。(※4)
※1 潤沢に資金があれば学内すべての場所でサービスが可能ではありますが、残念ながら資金は限られています。そのため上記のような方針とさせていただいております。寄付は歓迎します。
※2 電子計算機借料のため、このシステムが存続していた場合、2020年末には拡大したエリアのサービスは終了します。
※3 いくつかの学科、部局での設置を終えました。
※4 相当な台数を入れないとこの台数を超えませんので、当面は不要です。

大学の無線LANを導入する利点

本無線LANシステムを使っていただけると電波がクリーンなままで維持できますので、快適に無線LANが使用可能です。

学内にこの無線LANシステム 以外のアクセスポイントを設置されますと、電波の干渉が発生することが多くなり、双方の無線LANの接続が安定しません。

上記は家庭用を購入するよりもかなりのコストがかかりますが、部署や部局で運用するよりも簡単に学内LANと接続が可能となり、来訪者へのネットワークの開放もGuestnetを使用させることにより、学内LANに接続させることがなくより安全です。