ホーム‎ > ‎

IDとアカウント

情報システムにおいて、各人を識別するための符号のことを「ID」と呼びます。また、各サービスを利用するための情報は「アカウント」と呼ばれます。アカウントには関連づけられた「パスワード」が設定されています。本ページでは、東京農工大学における「ID」と総合情報メディアセンターのサービスにおける各「アカウント」について説明しています。


東京農工大学の情報システムにおける2種類のID

東京農工大学の情報システムには、2016年2月より新たなID体系(TUAT-ID)が導入されました。新たなIDは、ID自体から個人に係る情報を推測しにくく、かつ、これまでより文字桁数を短くしたものとなっています。また、Webホスティングやメーリングリストについても従来の共用IDではなく各個人のTUAT-IDへ権限を付与して管理することで、共用IDのパスワード漏洩などを減らすことを目指します。個人のIDは当該の所属(学部・学府専攻・部署)の籍が無くなる(退学・卒業・退職等)と同時に削除されます。進学時も所属が変更されますので例外ではありません。各個人のパスワードはTUAT-IDもSPICA-IDも同一で設定されます。

TUAT-ID:主に総合情報メディアセンターで提供するシステムで利用

2016年2月から本稼働する電子計算機システムで利用するセキュリティレベルを意識した新たなID体系です。総合情報メディアセンターが提供する各サービスはこのIDで利用することになります。これまでよりも文字桁数を短くしつつ各桁の文字は完全にランダムで設定されるため、所属等のIDとの関係性は一切なくなります。今後学外サービス(学認経由など)の利用が増えることを想定し、推測されにくいIDとしています。

TUAT-IDが不明な場合は、申請管理システムにSPICA-IDで最初にログインするとTUAT-IDを画面上で確認できます。

SPICA-ID:主に旧来からの事務システムで利用

学務システム(SPICA)や教職員ポータル等の事務系サービスを利用するために利用されるIDです。学籍番号や職員番号等に基づいた10〜または50〜始まる11桁のID体系です。このIDは前述のシステムで引き続き利用されます(旧システムとの互換のため)。(2015年まで総合情報メディアセンターでも利用していたID体系となります。)

このID体系は学籍番号や職員番号と強く紐付いており、連番となる確立が高く、非常に推測されやすく、所属等との関係性が強く表れており、不正利用やいたずら等の被害に遭う可能性が非常に高くなっているため、学外サービスでの利用は推奨されません。(学外サービスとの連携禁止が望ましい)


総合情報メディアセンターのサービスにおける各種アカウント

総合情報メディアセンターが提供する多くのサービスはTUAT-IDをベースとした「電子計算機システムアカウント」でログインいただくことが可能です。一部のサービスでは、メールアドレス形式である「農工大Googleアカウント」や「農工大Microsoftアカウント」やそれ以外のアカウントでログインする必要があります。

電子計算機システム関連サービス利用の際のアカウント(電子計算機システムアカウント)

 【概要】
以下のサービス利用時にログインを要する場合は、TUAT-IDをベースとした電子計算機システムアカウントをご利用下さい
  • 仮想端末室(Windows演習環境)の利用ポータル・予約ポータル
  • Linux演習サーバへのログイン
  • キャンパスネットワーク利用(有線LAN・無線LAN・VPN/PPPなど)
  • 大容量ファイル共有・ホームディレクトリアクセス(TUAT Cabinet)の利用
  • オンデマンド複合機のログインIDでの利用
  • メーリングリスト管理(Mailman)へのアクセス
  • Webホスティングサービスのコンテンツアップロードシステム(Proself)へのアクセス
  • 学術認証フェデレーションのサービスプロバイダ(SP)の利用    など
 【ログイン時に利用するアカウントID】
■全員(教職員・学生)
アカウントID: あなたのTUAT-ID
パスワード: 電子計算機システムを利用する際のパスワード

農工大Googleアカウント(@go.tuat.ac.jp / @st.go.tuat.ac.jp)

 【概要】
農工大Googleアカウントは、東京農工大学が導入しているGoogle社提供のクラウドサービスである「G Suite for Education」のサービスを利用する際に必要となります。また、全学電子メールサービス(Gmail)を利用する際に必要です。農工大向けの各種Google提供のサービスを利用いただく際にはこのアカウントをご利用下さい。

 【ログイン時に利用するアカウントID】
■教職員の方
アカウントID: あなたのTUAT-IDに @go.tuat.ac.jp を加えたもの(メールアドレス形式)
パスワード: 電子計算機システムを利用する際のパスワード

■学生の方
アカウントID: あなたのTUAT-IDに @st.go.tuat.ac.jp を加えたもの(メールアドレス形式)
パスワード: 電子計算機システムを利用する際のパスワード

※フレンドリーメールアドレスはメール利用時のみ使えます。ログイン時やその他サービスでは使用できません。
※他にGoogleアカウント(gmail.comなど)を利用している場合は、ログイン中のアカウントが正しいかご注意下さい。

農工大Microsoftアカウント(@me.tuat.ac.jp / @st.me.tuat.ac.jp)

 【概要】
農工大Microsoftアカウントは、東京農工大学が導入しているMicrosoft社提供のクラウドサービスである「Office 365 Education」のサービスを利用する際に必要となります。また、全学電子メールサービス(O365)を利用する際や個人端末などで利用するMicrosoft Office 365 ProPlusライセンスを利用する際に必要です。農工大向けの各種Microsoft提供のサービスをご利用いただく際にはこのアカウントをご利用下さい。

 【サインイン時に利用するアカウントID】
■教職員の方
アカウントID: あなたのTUAT-IDに @me.tuat.ac.jp を加えたもの(メールアドレス形式)
パスワード: 電子計算機システムを利用する際のパスワード

■学生の方
アカウントID: あなたのTUAT-IDに @st.me.tuat.ac.jp を加えたもの(メールアドレス形式)
パスワード: 電子計算機システムを利用する際のパスワード

※フレンドリーメールアドレスはメール利用時のみ使えます。ログイン時やその他サービスでは使用できません。
※Office 365 ProPlusの各ソフトウェアは利用開始時にこのアカウントで最初にサインインする必要があります。

学外でeduroamを利用する際のアカウント(eduroamアカウント)

 【概要】
学外の組織でeduroamを利用する場合、eduroamアカウントを利用する必要があります。キャンパスネットワークへのログインに利用するアカウントは異なります。

 【ログイン時に利用するアカウントID】
■全員(教職員・学生)
アカウントID: あなたのTUAT-IDに @eduroam.tuat.ac.jp を加えたもの
パスワード: 電子計算機システムを利用する際のパスワード

※このほか、eduroam仮名アカウント発行システムで発行されたアカウントもご利用いただけます。
(eduroam仮名アカウント発行システムは学術認証フェデレーションのサービスプロバイダ利用のログインが必要です)

学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)

 【概要】
TUAT-IDが発行されない方で学内ネットワークの一時利用が必要となる方は、学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)を申請できる場合があります。利用に際しては、受け入れ責任者の方が申請管理システムからアカウント申請を行っていただく必要があります。学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)には有効期限(最長1年間)があります。変更申請等で有効期限を変更した場合であっても、本来の有効期限以上の利用は出来ません。本来の有効期限が来た場合は、再度申請管理システムからの申請と以下に掲載しているネットワーク接続に関する申請書の提出が必要です。

 【学内ネットワークの一時利用時に利用するアカウントID】
■ネットワーク一時利用者
アカウントID: 発行されたNetwork-ID
パスワード: 発行されたパスワード(または、パスワード変更後のパスワード)

 【学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)の申請に関して】
学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)の申請には、上記申請と同時に所属する部局の庶務係(事務組織は学術情報課情報係)へ「ネットワークの接続に関する申請書」の提出が必要です。 学内一時利用のためのアカウントは本学関係者のためのものであり、ゲストには無線LANゲストネット接続を利用させてください。

 【学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)のパスワード変更】
学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)のパスワード変更は、当該アカウント利用者が専用のパスワード変更システムを通じて変更することが出来ます。通常の申請管理システムからの変更はできません。学内ネットワーク一時利用アカウント(Network-ID)利用者は「こちら」からパスワード変更を行ってください。