2013年


論文誌(Journal / Transaction papers)

  1. 原 直, 北岡教英, 武田一哉, "音声対話システムの発話・動作タグN-gramを用いた課題未達成のオンライン検出," 電子情報通信学会論文誌(D),VolJ96-D, No.1, pp. 81-93, Jan., 2013.
  2. Chiyomi Miyajima, Pongtep Angkititrakul, and Kazuya Takeda, "Behavior signal processing for vehicle applications," APSIPA Transactions on Signal and Information Processing, Vol. 2, pp. 1-13, Jan. 2013.
  3. 川渕将太, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "楽曲間の類似判断における個人性データの収集とその分析," 情報処理学会論文誌, vol. 54, No. 4, Apr. 2013.

レター・テクニカルノート(Letters / Technical notes)


国際会議(International conference proceedings)

  1. Satoru Tsuge, Hiromasa Ohashi, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, Kenji Kita, "Spoken document retrieval using combinational use of distances of multiple vector spaces and query expansion with optimized weight parameters," Proc. NCSP'13, pp. 9-12, Mar., 2013.
  2. Motonari Kawagishi, Shota Kawabuchi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Analysis and modeling of entrainment in chorus singing," Proc. 2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2013), pp. 7795-7799, May 2013.
  3. Tatsuya Komatsu, Takanori Nishino, Gareth W. Peters, Tomoko Matsui and Kazuya Takeda, "Modeling Head-Related Transfer Functions via Spatial-Temporal Gaussian Process" Proc. 2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2013), pp. 7795-7799, pp.301-305, May 2013.
  4. Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Estimation of vocal tract parameters for the classification of speech under stress," Proc. 2013 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2013), May 2013. 
  5. Tatsuya Komatsu, Gareth W. Peters, Tomoko Matsui, Ido Nevat, Kazuya Takeda, "Modeling Room Impulse Response via Composites of Spatial-Temporal GP's," ICA 2013, 3pNSc15, June 2013.
  6. Kento Ohtani, Tatsuya Komatsu, Kazunobu Kondo, Takanori Nishino and Kazuya Takeda, "Objective and subjective evaluation of complementary Wiener filter for speech dereverberation," ICA 2013, Vol. 19, June 2013.

国内大会・研究会(Japanese conference proceedings)

  1. 市川賢, 柘植覚, 北岡教英, 武田一哉, 北研二, "単語空間と音節空間を併用した音声ドキュメント検索手法への潜在的意味解析の適用," 音声ドキュメント処理ワークショップ, Mar. 2013.
  2. 兼子政孝, 宮島千代美, 北岡教, 武田一哉, "車載ネットワーク信号を用いたドライバ運転行動解析," 電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会, pp. 25, Mar. 2013.
  3. 竹下裕, 宮島千代美, 北岡教, 武田一哉, "Android端末とCANを用いたクラウド運転診断システム," 電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会, pp. 26, Mar. 2013.
  4. 出木浦悠人, 北岡教, 宮島千代美, 武田一哉, "仮装分離信号を用いた音響モデルによる複数人同時発話音声認識," 電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会, pp. 32, Mar. 2013.
  5. 齋藤航, 宮島千代美, 北岡教, 武田一哉, "非負値行列因子分解を用いたモノラル音源の楽器音分離," 電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会, pp. 33, Mar. 2013.
  6. 大谷健登, 小松達也, 近藤多伸, 田邑元一, 西野隆典, 武田一哉, "相補ウィナーフィルタに基づく残響抑圧音声の主観評価実験," 日本音響学会講論集, pp. 993-994, Mar. 2013.
  7. 水野雄介, 近藤多伸, 西野隆典, 北岡教英, 武田一哉, "有効観測データ選択に基づくFDICA 音源分離に関する検討," 日本音響学会講論集, 2-10-5, pp. 737-740, Mar. 2013.
  8. 川渕将太, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "楽曲間の類似判定における許容度の推定," 情報処理学会 音楽情報科学研究会, Vol.2013-MUS-98, No.2, Mar. 2013.
  9. 川岸基成, 宮島千代美, 北岡教英, 武田一哉, "ばね質量系を利用した合唱における歌声のF0ダイナミクスのモデル化," 情報処理学会 音楽情報科学研究会, Vol.2013-MUS-98, No.12, Mar. 2013.
  10. 市川賢, 北岡教英, 柘植覚, 武田一哉, 北研二, "単語空間と音節空間を併用した音声ドキュメント検索手法への潜在的意味解析の適用," 音声ドキュメント処理ワークショップ, (6 pages), Mar., 2013. 
  11. Xiao Yao, Takatoshi Jitsuhiro, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, "Classification of speech under stress using physical features based on two-mass model," 電子情報通信学会技術報告SP, SP2012-128, pp. 47-52, Mar., 2013.

著書

  1. 中川聖一 編著, 音声言語処理と自然言語処理(5章 対話システム), コロナ社, ISBN978-4-339-02469-2, Mar., 2013.

講演・小特集・記事など

  1. 武田一哉, "大規模コーパスを利用した信号処理の研究," IEICE fellow講演, Mar. 2013.
  2. 武田一哉, "運転支援のための視認性と視行動の計算モデル," 情報処理学会全国大会企画セッション, Mar. 2013.

受賞


学位論文(Bachelor's Thesis / Master's Thesis / Doctoral Dissertation)

  • 大谷健,"相補ウィナーフィルタに基づくシングルチャネル残響抑圧手法に関する研究",名古屋大学工学部 卒業論文,2013年3月
  • 兼子政孝,"車載ネットワークを用いたドライバの運転行動解析",名古屋大学工学部 卒業論文,2013年3月
  • 齋藤航,"非負値行列因子分解を用いたモノラル音源の楽器音分離",名古屋大学工学部 卒業論文,2013年3月
  • 竹下裕,"クラウド環境を前提としたAndroid搭載端末上での運転診断システム",名古屋大学工学部 卒業論文,2013年3月
  • 出木浦悠人,"仮想分離信号を用いた音響モデルによる複数人同時発話音声認識",名古屋大学工学部 卒業論文,2013年3月
  • 氏名,"論文タイトル",名古屋大学大学院情報科学研究科 修士論文,修士(情報科学),200X年3月
  • 氏名,"論文タイトル",名古屋大学大学院情報科学研究科 博士論文,博士(情報科学),200X年3月