News‎ > ‎

「京都でモビリティを考える(仮称) 」連続ワークショップ 開催案内

2017/10/27 1:48 に 手嶋茂晴 が投稿   [ 2017/10/27 1:55 に更新しました ]

ファシリテーターの話題を受けて、参加者で話し合う場を提供します。積極的なご参加をお待ちしております。

第1回 日時:2017年12月1日(金)18:00~20:00
場所:同志社大学今出川校地寒梅館3階プレゼンテーションホール


開催予定日(変更される可能性があります)
  •   第2回:12月15日(金)18:00~20:00
  •   第3回:1月12日(金)18:00~20:00
  •   第4回:1月19日(金)18:00~20:00
高齢社会・電動化・所有から共有へ・自動走行などの新しいトレンドによって、 自動車産業・道路インフラのみならず、社会の経済構造・価値構造が変化しよう としています。 京都市をモデルに取り上げ、そこで求められる自動走行などの新交通システム は、どのようなサービスとなり、その価値やコストはどのようになっているの か、学生など若い世代からなるフォーカスグループに必要な情報・知見・体験の 機会を与え、その議論を通して、京都市が発信する移動サービスの価値を予測し ます。 ファシリテーターの話題を受けて、参加者で話し合う場を提供します。積極的な ご参加をお待ちしております。

事前告知 チラシ https://drive.google.com/file/d/0BxFgds8mz95lOHRkWndacExlWnM/view?usp=sharing
Ċ
手嶋茂晴,
2017/10/27 1:48
Comments