2014年度 実験結果(2014FY Experiment)




元城地区ゾーン30対象区域にて

2015年2月10日 午前/午後 の各 2時間


[実施内容]
参加者 (歩行者/運転者)   専用アプリを起動させたスマホ(Android)を保持
{位置,速度,向き}  等を クラウドセンターへ送信(毎秒)
注意喚起状況を検出   -> 運転者スマホで 注意メッセージ読み上げ
Zone30進入
特定交差点での 歩車接近

[まとめ]
注意喚起により 車両通過速度低下をデータで確認    (施策 PDCA Cに資するデータ)
2014年度実験 により
交通安全啓蒙活動
交通状況の計測 (地区道路census) 

が 現行技術レベル で 地域(住民) へ 価値提供可能な用途と 判断

加えて, 関係者からの協力/理解を得るには  実験内容の 機能向上/継続 が 重要



実験内容 および結果(概要: 2015/5 とよた交通安全・防災フェスタ 出展ポスタ) pdf


2月10日 実験の様子( 説明会,端末動作, 走行・歩行)  [動画 mp4 stream]



2月10日  実験中の 参加者位置表示  (車両,歩行者) [動画 mp4 stream]



2月10日  実験参加者インタビュー,  名古屋大担当者実験振り返り [動画 mp4 stream]