Home‎ > ‎売上‎ > ‎

請求

得意先との取引条件に従って締切処理を行い、請求額を確定させ、請求書発行を行います。
請求締切区分には以下のような場合があります。


〔締請求の場合〕

取引先との契約上、一定期間の取引(締グループ)にて締切処理を行い、請求するケース

請求一覧には自動的に表示されます。

 

〔手動式請求の場合〕

請求したい伝票を日付範囲を指定して繰越処理を行い、請求するケース

繰越処理を行うことで、請求一覧に表示され、請求を行うことができます。

 

〔都度請求の場合〕

売上伝票毎に自動で繰越処理を行い、請求するケース

繰越処理は自動的に行いますので請求の締切・繰越処理は行いません。


請求一覧

メニューボタン

 印刷 請求書、請求一覧表、回収予定表を印刷します。
 削除 一覧画面でチェックした支請求書を削除します。
 締切 締切・繰越処理または繰越取り消しを行います。
 *過去にさかのぼって売上・入金の修正を行う場合、繰越し直す時に実行します。
 ダウンロード 作成済み請求一覧データのダウンロードを行います。
 戻る メニュー画面に戻ります。

検索項目

 請求日 請求日付を期間指定します。
 日付指定がない場合は、すべて対象となります。
 請求先 請求先を選択、コード範囲を指定します。
 指定がない場合は、請求先すべて対象となります。
 表示件数 請求一覧の表示件数を変更します。
 初期設定値は「20件」です。「10件」「20件」「50件」から選択できます。
 その他 請求金額が0円の支払先を表示する場合はチェックします。

表示項目

 チェック 実行したい請求明細をチェックします。
 請求書番号 請求書番号を表示しています。
 請求日 請求日を表示しています。
 回収予定日 回収予定日を表示しています。
 請求先コード 請求先コードを表示しています。
 請求先 請求先の名称を表示しています。 
 前回請求金額 前回の請求金額を表示しています。
 入金額 対象の締日範囲で入金伝票の金額を表示しています。
 繰越金額 「前回請求金額」-「入金額」の繰越金額を表示しています。
 税抜売上額 対象の締日範囲で売上伝票の金額を表示しています。
 消費税 対象の締日範囲で売上伝票の消費税額を表示しています。
 今回請求金額 繰越金額」+「売上金額」の請求金額を表示しています。

請求明細画面

請求一覧画面で任意の請求明細行をクリックすると請求明細を画面表示したり、請求書印刷することができます

メール送信

封筒マークをクリックすると請求書をメールで送付できます。

項目

 from 自社情報のメールアドレスや担当者メールアドレスが選択できます。
 to 得意先のメールアドレスが設定されます。空欄の場合は、入力してください。
 cc,bcc toの他、送信したいメールアドレスを任意で入力できます。
 オプション 自分宛に同メールを送信したい場合はチェックします。
 テンプレート 既存でメールテンプレートを作成している場合は、選択します。
 件名・本文が設定されます。
 件名 メール件名を入力します。
 本文 メール本文を入力します。


請求書印刷

請求明細書を一括して印刷することができます。

集計項目

 請求日 請求日を選択・入力します。
 締めグループ 締グループを選択します。 指定なしの場合は、すべての締めグループが対象となります。
 得意先分類 得意先分類を選択します。指定なしの場合は、すべての得意先分類が対象となります。
 請求先 請求先を指定します。指定なしの場合は、すべての請求先が対象となります。
 請求書番号 請求書番号を指定します。指定なしの場合は、すべてが対象となります。

請求一覧表印刷

任意の請求期間の繰越金額や売上金額、請求金額を一覧形式で印刷することができます。

項目

 請求日 請求日を選択・入力します。
 締めグループ 締グループを選択します。 指定なしの場合は、すべての締めグループが対象となります。
 得意先分類 得意先分類を選択します。指定なしの場合は、すべての得意先分類が対象となります。
 請求先 請求先を指定します。指定なしの場合は、すべての請求先が対象となります。
 自社担当者
 担当者を選択します。

回収予定表印刷

任意期間の回収予定日や回収予定金額を一覧形式で印刷することができます。

請求一覧ダウンロード

メニューボタン

 ダウンロードCSVデータのダウンロードを行います。 
 flamflamメイン画面に戻ります。 

入力項目

 請求日 請求日を選択、入力します。
 請求先 請求先を選択します。
 明細データ
 明細データを選択します。

・得意先で集計した明細をダウンロードする

 明細データは得意先で集計されています。

 ※2014年12月以前より他システムで使用されている場合は、こちらを選択ください。

 ※得意先に登録されている請求締切区分、締日グループが出力されます。


・請求書明細をそのままダウンロードする

 伝票明細がすべて出力されます。

 その他 請求金額が0円のデータを含む場合は、チェックします。
請求書明細をそのままダウンロードするときのみ選択可能です。

請求の締切・繰越

締請求の場合


 締切区分 締請求を選択します。
 締日 締日を選択・入力します。
 伝票日付 伝票日付は選択できません。
 締切対象 すべての請求先が対象の場合、チェックします。
 請求先 請求先を選択します。(締切対象にチェックした場合は、選択できません)
 繰越区分 繰越処理を行うにチェックします。

手動締請求の場合


 締切区分 手動請求を選択します。
 締日 締日は設定しません。
 伝票日付 請求したい伝票日付の範囲を選択・入力します。
 締切対象 すべての請求先が対象の場合、チェックします。
 請求先 請求先を選択します。(なくても可)
 繰越区分 繰越処理を行うにチェックしません。(できません)

 

【請求済みのお客様の請求内容を修正したい場合の処理の仕方】
  1. 個別伝票ならびに入金処理で修正作業を行います。
  2. 請求一覧から、修正したいお客様の表示を検索して、その行を削除します。
  3. 改めて「繰越」を行います。(一覧に表示されます)
  4. 請求印刷を行います。※修正したい箇所が古い場合、繰越をし直す作業を繰り返さなければなりません。
Comments