千年カルテ「シンポジウム in 京都」資料公開サイト

沢山の皆さまの参加をいただきました。
ありがとうございました。
お陰さまで、シンポジウムは、盛会の内に終了いたしました。

○プログラム
 主催者挨拶「EHR: The Long and Winding Road」

   宮崎大学理事(附属病院長)、京都大学名誉教授 吉原 博幸
 基調講演Ⅰ「次世代医療ICT基盤の構築と利活用推進について」

   内閣官房 健康・医療戦略室 企画官 堀内 直哉
 基調講演Ⅱ「医療にICTをどう活用するか」


   厚生労働省 大臣官房厚生科学課 研究企画官 吉田 淳
 基調講演Ⅲ「千年カルテプロジェクトをとりまく法的諸課題」

   京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授 黒田 知宏
 特別講演Ⅰ「『人間を守る医学研究』を進めるために:次世代EHRへの期待」

   京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 健康情報学分野 教授 中山 健夫
 特別講演Ⅱ 「個人の生涯データの利活用に向けて(PHR実装のインパクト)」

   総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室 室長 吉田 宏平
 特別講演Ⅲ「個人情報保護法と医療データ連携」

   新潟大学 大学院現代社会文化研究科、法学部 教授 鈴木 正朝
 特別講演Ⅳ「関西健康・医療創生会議の取り組みを中心に」

   京都大学元総長・関西広域連合顧問 井村 裕夫



発表者の資料は、各発表者のページにて、参照していただきます。

Ċ
gae + adc system,
2015/12/21 20:27