シンポジウム開催

千年カルテプロジェクト 京都シンポジウム
~ 次世代EHR基盤をとりまく法的諸課題 ~

シンポジウムは、盛会のうちに終了いたしました。

○日時:平成27年12月18日(金) 17:30〜19:30
○場所:京都大学 百周年記念ホール
○主催特定非営利活動法人日本医療ネットワーク協会(JMNA)
○後援:関西健康・医療創生会議
一般社団法人 日本医療情報学会関西支部
参加費:無料
お問い合わせ先:office@ehr.or.jp

医療情報技師更新ポイント:3ポイント付与
なお、医療情報技師更新ポイントが必要な方は、「医療情報技師認定証(カード)」を必ず持参してください。
カードリーダーにて、医療情報技師更新ポイント申請受付を行います。

ーーーーーー
○ご案内:
日本医療ネットワーク協会では、政府の健康・医療戦略推進本部・次世代医療ICT基盤協議会で掲げられたテーマの一つである「大規模健康・診療データの収集・利活用」の実現を目指す、「全国共同利用型国際標準化 健康・医療情報の収集および利活用に関する研究(プロジェクト愛称:千年カルテプロジェクト)」を国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「臨床研究等ICT基盤構築研究事業」として実施しています。
本事業においては、去る2015年10月19日に宮崎大学330記念交流会館で開催されたシンポジウムでご紹介した大規模健康・診療データの収集・利活用基盤の構築とともに、同基盤上に蓄積された情報の利活用に関わる制度設計を主要な課題の一つとしております。
そこで、次世代医療ICT基盤の動向や情報利活用をとりまく法的諸課題などについて、有識者をお招きしてご講演いただくシンポジウムを開催いたします。

○プログラム
 主催者挨拶「EHR: The Long and Winding Road」 
     宮崎大学理事(附属病院長)、京都大学名誉教授  吉原 博幸
 基調講演Ⅰ「次世代医療ICT基盤の構築と利活用推進について」 
     内閣官房 健康・医療戦略室 企画官  堀内 直哉
 基調講演Ⅱ「医療にICTをどう活用するか」
 
    厚生労働省 大臣官房厚生科学課 研究企画官 吉田 淳
 基調講演Ⅲ「千年カルテプロジェクトをとりまく法的諸課題」 
     京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授  黒田 知宏
 特別講演Ⅰ「『人間を守る医学研究』を進めるために:次世代EHRへの期待」 
     京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻 健康情報学分野 教授  中山 健夫
 特別講演Ⅱ 「個人の生涯データの利活用に向けて(PHR実装のインパクト)」 
     総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室 室長  吉田 宏平
 特別講演Ⅲ「個人情報保護法と医療データ連携」 
     新潟大学 大学院現代社会文化研究科、法学部 教授  鈴木 正朝
 特別講演Ⅳ「関西健康・医療創生会議の取り組みを中心に」 
     京都大学元総長・関西広域連合顧問  井村 裕夫


ーーーーーー

サブページ (2): 参加申し込み 発表資料公開