研究集会「異常気象と気候システム変動のメカニズムと予測可能性」

  •  標記研究集会を下記の要領で開催します.本研究集会は,異常気象の実態把握,およびメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的にしています.そのため,広く異常気象や長期変動のメカニズム、データ同化やモデルに関する発表も歓迎します.多数のご参加をお待ちしております.
 本研究集会は,昨年に引き続き,毎年宇治で開催されてきた「異常気象研究会」とTHORPEX研究連絡会研究集会との共催です。
 なお,講演者には,後日4ページほどの講演要旨の提出をお願いします。

目的

 頻発する猛暑。多くの原発が停止しそれが続く状況において、電力が逼迫する夏の天候の中期的予測と将来の変化を知ることは日本社会のみならず国際社会にとって極めて重要である。冬の電力使用量が最大となる東北や北海道にとっては、豪雪などの冬の天候の予測も同様に重要である。猛暑や豪雪に代表される異常気象がなぜ起こるのか?そしてその予測精度はどうなのか?地球の気候システムの長期変動の仕組みを理解し、予測精度を向上させる理解を深めることを目的に、全国の大学・研究機関と気象庁の研究者を一同に集め、研究発表と討論を行なう。

主催:立花義裕(三重大学大学院生物資源学研究科 教授)
共催:向川 均(京都大学防災研究所 教授),余田成男(京都大学理学研究科 教授),木本昌秀(東京大学大気海洋研究所 教授),榎本 剛(京都大学防災研究所 准教授)


日時・場所

注意: 2日目は場所が異なります。
10/21 11:00〜17:45 京都大学宇治キャンパスきはだホール
10/22 10:00〜11:30 京都大学北部総合教育研究棟1階 益川ホール

プログラム

参加申込

締切: 2013/9/20
申込方法: メーリングリストで周知します。
お問い合わせは,榎本まで。

京都大学数理解析研究所公開講演会

"Mathematical Aspects of Weather and Climate Systems"


日時: 2013年10月22日(火)15:00 - 17:30 (14:30開場)
場所: 京都大学北部総合教育研究棟1階 益川ホール
講師: Professor Michael Ghil (ENS, France; UCLA, USA)
題目: "Weather and climate: Deterministic or stochastic?"
講師: Professor Tim Palmer (Univ. of Oxford, UK)
題目: "Predicting climate in a chaotic world.
     How certain can we be?"
    (登録料無料;同時通訳有)

Ċ
榎本剛,
2013/10/29 17:44
Comments