研究集会

災害気候研究分野では,異常気象の実態把握,およびメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的にした研究集会の実施しています.研究集会では,アンサンブル予報を用いた予測可能性、異常気象や長期変動のメカニズム、データ同化やモデルに関する研究が発表されています.

お知らせ

  • 2014年度の研究集会は,11/17〜19を予定しています.
  • 2013年度の研究集会のスライドを制限付きで公開しました。
  • おかげさまで,2013年度の研究集会は無事終了しました
  • 2012年度の研究集会のスライド及び講演要旨を公開しました。スライドの閲覧は制限されていますが,講演要旨は誰でも見ることができます。講演要旨には,後日頁番号を付加する予定です。
  • おかげさまで,2012年度の研究集会「週間及び1か月予報における顕著現象の予測可能性」は無事終了しました。

これまでに開催した研究集会: