Kalnay 輪読記録

応用気象学ゼミナールI(本読みゼミ)の簡易版資料置場です.

2013-2014年度は,数値天気予報に関連した教科書(Kalnay 2003)を通読し,
モデル,データ同化,予測可能性について学びました.


ゼミの基本情報
    場所: 宇治キャンパス 本館 E-509D
    日時: 毎週火曜日 10:00~
    題材:
        Kalnay, E., 2003: 
        Atmospheric modelling, data assimilation and predictability.
        Cambridge University Press. pp. xxii+341.



担当箇所


1. Historical overview of numerical weather prediction
    1.1~: 上田
    1.3~: 山田
    1.5~: 野口
    1.7~: 宮地

2. The continuous equations
    ~2.2: 井岡
    2.3~: 大井川
    2.3.2~: 上田
    2.4: 山田
    2.5: 野口
    2.6: 宮地

3. Numerical discretization of the equations of motion

    3.1: 井岡
    ~3.2.-: (Example 3.2.2 の前まで)大井川
    ~3.2.3: 上田
    3.2.4~: 山田
    3.3~: 野口
    3.3.4: 宮地
    3.3.5~: 井岡
    3.5: 大井川

4. Introduction to the parameterization of subgrid-scale physical processes
    4.1~3: 上田

5. Data assimilation
    5.1~: 山田
    5.3~: 野口
    5.4~: 宮地(野口)
    5.4.2~: 井岡 
    5.5~: 大井川(野口)
    5.6~: 上田
    5.7~: 山田
    5.7.3~: 野口

6. Atmospheric predictability and ensemble forecasting
    6.1, 6.2: 山本
    ~6.3.2: 井岡
    6.3.3~: 上田
    6.4: 山田
    ~6.5.1: 河野(野口)
    6.5.2~: 井岡
    6.6: 山本
    6.7~: 吉田

Appendix
    A: 向川
    B: 野口
    C: 吉田


    関連:
   
集中講義「誤差成長理論」
   
講師: 山根 省三 先生 (同志社大学)
    日時: 2013年9月17(火)・18日(水)10:00~17:00
       2014年9月18(木)・19日(金)10:00~17:00
    場所: 京都大学宇治キャンパス 防災研究所 E-517D