若林研究室‎ > ‎members‎ > ‎Y.Wakabayashi‎ > ‎

構造物性物理とX線回折 正誤表

2017.11.20

p14 (1.1)式直前と,(1.1)式での電気陰性度 
xA, xB → χA, χB

p193 (9.2)式
(Qun)2  → (1/2) (Qun)2 
p193一番下の式,p194一番最初の式も同様に(Qun)2 の前に(1/2)を追加。
p194 3行目,散乱振幅が1-(Qun)2  倍に減少 → 散乱振幅が 1-(1/2) (Qun)2 倍に減少

2017.12.3
p216 脚注  
単に σn σn の定義を上の式に代入しても → 単にVmnσn の定義を上の式に代入しても

2018.3.9
p47 3.1.1項 4行目
エネルギーはℏω=p2/(2m)である → エネルギーεℏω=p2/(2m)である

2018.4.19
p160 5-6行目
そのため,kikの一方もしくは両方が結晶内側を向く場合は,
→ そのため,kが結晶内側から外側を向く,もしくは kが結晶内側を向く場合は,

2018.6.7
p205 (10.2)式の次の行
最後の和はQ±qにピークを持つラウエ関数を与える。 →  最後の和はQ±qが逆格子点Gと一致するときにピークを持つラウエ関数を与えるため,逆格子点から±q離れた位置にピークが出る。

p210 したから4行目 位相×強度変調項の式
.... - exp[-i(Q-2q)・Rn]}  → .... - exp[i(Q-2q)・Rn]}
(指数関数の中のマイナスが余分だった)

2018.6.14
p224 
2行目  exp(2π i n3 ζ ) →  exp( 2π i  n3 ζ )

7行目 公比 exp(2πiζ) → 公比 exp(ー2πiζ)

(11.2)式 1行目 分母
 1ーexp(2πiζ)exp(ーμc) →  1ーexp(ー2πiζ)exp(ーμc)

(11.3)式 1行目最後 
1/[ 1ーexp(2πiζ)]1/[ 1ーexp(ー2πiζ)]  → 1/[ 1ーexp(ー2πiζ)]・1/[ 1ーexp(2πiζ)]
(この変更は式の意味を変えない。Fcell Fcell*の順番と対応させるための変更である。)