第17回シンポジウム

日程:2014年1月11日〜12日
講演申込締切:2013年11月17日(日)
予稿提出締切:2013年12月16日(月)
会場:愛媛大学城北キャンパス(愛媛県松山市)総合情報メディアセンター1Fメディアホール

2013年度のシンポジウムは上記の通り、2014年1月11日(土)と12日(日)の両日、愛媛大学城北キャンパス総合情報メディアセンターにて開催されました。
2日間のシンポジウムでは一般講演に加え3件のオーガナイズドセッションと2件の特別講演が行なわれました。

オーガナイズドセッション:
  「HPCと可視化技術の現状と今後の展望」 講演2件,
  「反復法の今と将来」 講演4件,
  「医療・物理分野における計算法の今後の発展」 講演3件、

特別講演:
天野要(愛媛大学理工学研究科)
  「代用電荷法による数値等角写像について」
Fumie Costen (University of Manchester)
  「Acceleration of the FDTD computation for lung cancer detection」

その他の講演題目についてはプログラムをご参照ください。

参加者・講演者のみなさまのおかげで、数値シミュレーション、可視化、応用医学、人工知能など、応用数理の様々な
問題が幅広くカバーされていて、非常に充実した2日間でした。
ありがとうございました。