第19回シンポジウムプログラム

PDFファイルをダウンロードできます。
講演は全て
天瀬公民館(大分県日田市)の会場で実施されます。

天瀬公民館 http://www.hita-k.org/amagase/guidance


18日(金)

13:30pm-15:00pm GS1「一般講演1

    座長:土屋卓也(愛媛大学)


    Babuška-Aziz の定理の拡張について

        小林健太(一橋大学)、土屋卓也(愛媛大学)

    An adaptive algorithm for the Euclidean Steiner tree problem in d-space

        Grodet Aymeric土屋卓也(愛媛大学)

    Shape Optimization on Non Stationary Navier-Stokes Problems with Time Adjoint Method

        中澤崇(東北大学)


15:00pm-17:00pm OS1About Parallel-in-Time Methods 〜時間並列計算法〜」

    オーガナイザ:高見利也 (九州大学)

    座長:本田宏明(九州大学)


    OS招待講演

    Parallel-in-time integration for massively parallel computer simulations

        Dr. Daniel Ruprecht (University of Leeds)


    Parallel-in-Time Integration Framework for Building Simulators

        飯塚幹夫 、小野謙二(理研AICS

    A novel approach for visualizing and enhancing PinT computation

        小野謙二、飯塚幹夫(理研AICS

    Future Prospects for the Parallel-in-Time Algorithm

        高見利也(九州大学)


19日(土)

9:00am-11:00am OS2PGASモデルによる並列プログラミングと応用」

    オーガナイザ:本田宏明(九州大学)

    座長:高見利也(九州大学)


    ACP 基本層の性能評価

        森江善之、南里豪志(九州大学)

    量子化学計算向け ACP Middle Layer ライブラリの実装

        本田宏明、森江善之、南里豪志、高見利也(九州大学)

    ACP 通信ライブラリを用いた粒子系シミュレーションにおける粒子データ通信の実装

        薄田竜太郎、南里豪志(九州大学)

    Proposal of a Memory-Efficient Communication Layer for Connecting MPI Programs

        南里豪志、本田宏明、森江善之(九州大学)


13:00pm-13:40pm 特別講演

    Parallel Performance of  BiCGMisR method by Cache-Cache Elements preconditioning

        藤野清次 (九州大学)


13:40pm-14:30pm GS2「一般講演2

    座長:阿部邦美(岐阜聖徳学園大学)


    同種コンパイラーと他機種実行を利用した計算時間の短縮

        小玉捷平、藤野清次、南里豪志、岩里洸介 (九州大学)、阿部邦美(岐阜聖徳学園大学)

    閾値つきEisenstat-SSOR(tol)前処理の提案と性能評価

        岩里洸介、藤野清次 (九州大学)


14:30pm-16:30pm GS3「一般講演3

    座長:大江貴司(岡山理科大学)


    代用電荷法による正多角形領域の数値等角写像

        岡野大、亀井貴弘、遠藤慶一(愛媛大学)

    二段階法を用いた剣道団体戦力評価

        山本彩斗、岡山友昭、田中輝雄(広島市立大学)

    lotka-Volterraモデルのパラメータの推定とその検証

        渡邉栞、河野敏行(岡山理科大学)

    カオス尺度を用いたレーザーカオス時系列データのカオス解析

        井上啓(山口東京理科大学)、桑島史欣(福井工業大学)


110日(日)

9:00am-11:00am 討論セッション計算科学の将来に向けた分野間連携について

討論セッションに参加希望の方は以下の担当者メールアドレスまでご連絡ください。

    kansetouchi2015_AT_comp.cs.ehime-u.ac.jp


連名講演の太字は登壇者です。

Ċ
Dai OKANO,
2015/12/30 19:44
Comments