実習内容


1 実習の目的

この実習では、基礎トレーニングから始まり、実際の"人間社会との共生"を目指して、伴侶動物としてふさわしい犬になるまでトレーニングすることを目的とします。トレーニングの終了した犬は新しい里親に譲渡することを考えております。

これら活動は、実習という枠組みだけでなく、捨てられた犬を再度社会に還元すると言う社会的貢献と、これらの活動が動物福祉分野の社会的認知度を高めること、また修学した学生らが社会に出た折には、正しいイヌのしつけ方が世間一般に伝授されるという側面が期待されます。

2 実習内容

 実習に参加する学生は、5~6名で1頭を担当し、5月あるいは6月から11月まで連続して犬のトレーニングを行います。スタッフが指導しながら、学生達自身が担当犬の問題点を抽出し、問題解決をするためのトレーニング計画を立て、毎日、朝、昼、夕方にそれぞれ30分-1時間のトレーニングを行います。トレーニングは毎日実施し、犬の状況によっては、定期的なトレーニングとは別にプログラムを作成するなどして、再社会化を完成させます。

最終的に訓練の終了したイヌは里親希望者に譲渡します。実習の中に、里親希望者を募集し、応募の中から適切な新しい里親を決定、さらにその里親希望者の生活スタイルに合わせたイヌの再訓練を行い、最終的に譲渡します。譲渡後も密な連絡を取り、その後のイヌの状態の追跡調査を行います。

3 飼育管理態勢及び施設

常時トレーニングに使用可能なスペースとしてCompanion Dog Laboratoryを使用します。また"共生"のためのトレーニングとして、人間社会の中でのルールを学ぶために、いくつかの学内施設(学生事務室、学生ラウンジなど)へのトレーニング中の犬の入館を行います。さらに人との関わりをつくるために、飼育室に日中指導のための講師を常時配置します。