Amazonで自分の電子書籍が販売できる


Amazonが運営するKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)は、世界でも日本でももっとも規模が大きな電子書籍のセルフパブリッシングサービスです。個人の作家だけでなく、一部の法人もこのサービスを利用しています。


規模が大きいというのはお客さんが多いということですが、一方でライバルも多いので自分で宣伝する工夫をしないとあっという間に埋もれてしまうというリスクもあります。

販売ロイヤリティは35%とほかのセルフ出版サービスに比べると高くありません。ただし、後述の「Amazon Select」プログラムでAmazon独占販売を契約すると、ロイヤリティは70%になります。
0円販売は基本的にはできません。

またAmazonはグローバル企業なので、日本だけでなく米国を始めとする世界中のAmazonで電子書籍を販売することができます。しかし、日本語の書籍の場合、日本以外のAmazonにお客がいる可能性はほとんどありません。にも関わらず、米国の税務処理に関して沢山の質問に答えなければならないなど、登録手続きが面倒なので、あまり初心者向けとは言えません。

ロイヤリティが70%になるKindleセレクト


Amazonのもうひとつの特徴は「Kindleセレクト」プログラムの存在です。


電子書籍の販売申請をするときに、このKindleセレクトに申し込むと、通常35%のロイヤリティが、70%になります。その代わり、Amazon独占販売となるので、ほかの電子書籍ストアだけでなく紙の版も売ることができなくなります。
Kindleセレクトの契約期間は90日毎に更新なので、まず最初に3カ月間Amazonで売ってみて、3カ月過ぎたら契約更新をしないで、他書店でも販売してみる、という人もいます。
一方で、BOOK☆WALKERでも売りたい、iTunesでも売りたい、DRMなしのダウンロード販売もしたい、などの理由で、Kindleセレクトを選ばない作家もいます。

Kindleセレクトには、ほかにもユーザーのダウンロード手数料を負担させられたり、さまざまな細かい規約があります。申し込む場合はそれらをよく理解するようにしましょう。



KDPユーザー登録手順

注:今回は日本国内に定住している個人の作家という前提で登録します。
上記に該当しない場合は、適時入力内容を変えてください。
  1. 基本情報の入力
  2. 米国の税金に関する項目を入力する
  3. ロイヤリティ条件の入力

KDPの書籍販売申請手順