Home

MISSION:
The mission of the James E. Auer U.S.-Japan Center [AUSJC] is to raise the level of public discussion about issues of mutual interest to Japan and the United States and to facilitate particular forms of cooperation between the two countries by:

n  conducting research on issues in U.S.-Japan relations (for example, national security, trade, technology transfer and intellectual property)

n  organizing a program of meetings, forums and publications based on the research and expertise of government, business and academic leaders of both countries;

n  hosting degree and non-degree seeking research fellows from Japan and assisting their research efforts to support the AUSJC‘s mission.


HISTORY:
The Vanderbilt Center for U.S.-Japan Center [predecessor of the AUSJC] founded in 1988 significantly raised Vanderbilt University‘s profile in Japan, which was already high in the area of medicine, particularly in the area of U.S.-Japan national security policy.

n  Since 1990 it hosted more than 100 masters’ degree and non-degree research fellows from Japan‘s Ministry of Economy Trade and Industry, Ministry of Defense, National Police Agency, former Small and Medium Enterprise Corporation, Japan Patent Office, major newspapers as well as Fulbright scholars and Ph.D. candidates from elite Japanese universities. Former U.S.-Japan Center fellows have been moving into senior positions in the Japanese Government, politics and media and will continue to advance in the future.

n  Since 1990 it has conducted an annual U.S.-Japan Technology Forum on the Vanderbilt campus in Nashville, Tennessee bringing together leading business and government related officials from the United States and Japan to discuss dual purpose and defense technology cooperation.

n  Since 2004 the Center also conducted an annual Vanderbilt U.S.-Japan Critical Infrastructure Protection (CIP) Forum for American and Japanese government and private sector officials in Washington, D.C. or Tokyo.  
This annual one and one-half day conference responded to a major U.S. Department of State initiative to examine the protection of critical infrastructure following September 11, 2001. Although there are some U.S.-Japan government to government discussions of CIP, the majority of critical infrastructure is owned by or maintained by local governments or private industry. CIP discussions consider the important area of cyber security as well as other critical areas of infrastructure such as finance, utilities, transportation, etc. which cannot be neglected in responsible public policy.  Keynote speakers for the CIP Forum have been Assistant Secretary of State Lincoln Bloomfield (2004), President of Japan Central Railway Yoshiyuki Kasai (2005), former Senator, U.S. Secretary of Defense William Cohen (2006) and Tokyo Metropolitan Governor Shintaro Ishihara (2007).


MAJOR AUSCJ ACTIVITIES:
Starting on July 1, 2014,
the new James E. Auer U.S.-Japan Center [AUSJC] will;

n  Continue to host research fellows from Japan; minimally two non-degree fellows from Japan’s Ministry of Economy Trade and Industry (METI) are expected to be present at the AUSJC located within the Vanderbilt campus each year.

n  Continue to contribute information on the state of U.S.-Japan relations  to Japanese and American media

n  Provide advice about opportunities for further Japanese American business cooperation

n  Continue to conduct the U.S.-Japan Technology Forum in Nashville, Tennessee with the 29th annual meeting in May 2018 (following 25 years of Vanderbilt U.S.-Japan Technology Forum through May 2014).  Technology Forum’s participants from Japanese and American aerospace and defense firms discuss collaborative dual purpose and defense technology cooperation. The U.S. Department of Defense and Japan’s Ministry of Economy, Trade and Industry, and Ministry of Defense are also regular participants. An annual report is published in the AUSJC’s Library page.

n  Continue to organize the U.S.-Japan Critical Infrastructure Protection (CIP) Forum in Washington D.C. or Tokyo,  every December (following 12 successful annual meetings of Vanderbilt U.S.-Japan CIP Forum in Washington, D.C. and Tokyo since 2004).  The forum will discuss methods for promoting the protection of critical infrastructure in multiple sectors against natural and man-made threats. An annual report is published in the AUSJC’s Library page.


SPONSORS AND BENEFITS:
The activities of the AUSJC are made possible through the generous support of sponsoring companies and organizations [Sponsors] in the form of annual contributions or support contracts. The AUSJC deeply appreciates their understanding and support and provides the following benefits to Sponsors:

n  Invite their designated officials to the U.S.-Japan Technology Forum and the CIP Forum.

n  Provide annual reports of the U.S.-Japan Technology Forum and the U.S.-Japan CIP Forum with their entire presentation materials.

n  Provide advice and facilitate as appropriate about opportunities for further Japanese American business cooperation

n  Provide quarterly reports on issues in the US-Japan relations and the AUSJC activities.


CENTER LEADERSHIP:

n  AUSJC Center Director Jim Auer, professor emeritus of Vanderbilt University, is a frequent contributor to discussions of U.S.-Japan defense cooperation in Japanese media and at academic conferences in the United States and Japan.

n  Ms. Michiko K. Petersen is the AUSJC Executive Secretary and Treasurer.  She served for over 24 years at Vanderbilt University and at the Auer US-Japan Center and organizes and manages the logistics of the Technology Forum. 

設立趣旨:

ジェームス E.アワー日米研究センター(AUSJC)の設立目的は、以下の活動を通じ、日米共通の関心事項について議論を深め、両国間の具体的な協力関係を促進することです。

n  国家安全保障、通商、技術移転、知的財産など日米間の主要課題についての研究。

n  日米の政府、企業、大学の有識者の知見や研究に基づく会議、出版などの企画と実施。

n  日本からの学位取得あるいは科目履修を目的とした研究員の受入れ、およびAUSJCの活動に関わるこれら研究員への支援。 

 

これまでの活動:

1988年に設立されたバンダービルト大学日米研究協力センター(AUSJCの前身)は、過去四半世紀にわたり、特に安全保障分野において日米関係に大きく貢献しました。 

n  1990年以来当センターは、修士取得者と科目履修生の研究員の受入れを続け、その数は現在(2016年)までに100余名にのぼります。これらの研究員は、経済産業省、防衛省、警察庁、特許庁、旧中小企業事業団、大手新聞社からの留学生をはじめ、フルブライト奨学金を受けた学者、日本の優秀な大学の博士課程に在籍中の方々も含みます。センターに在籍した研究員は、その後日本の政府、政治、マスコミの分野で重要なポストに就かれ活躍されています。

n  また、当センターは、1990年から毎年、テネシー州ナッシュビルにあるバンダービルト大学キャンパスにおいて、日米の優れた企業や政府関係者の参加を得て「日米技術協力フォーラム」を開催し、防衛技術および民生・軍事の両方に利用できる先進技術についての討議を行ってきました。

n  さらに、2004年から、当センターはワシントンDCおよび東京において、日米の政府や民間企業の幹部を招いて「重要インフラ防護(CIP)フォーラム」を開催してきました。毎年1回行われる1日半のこの会議は、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件を受けた、米国務省による重要インフラ防護のための大掛かりな取り組みの一環として開始されました。これまでCIPについての政府間の話し合いは行われてきているものの、重要インフラのほとんどは、地方自治体や民間が所有・維持しています。CIPの討議は、金融、ガス・電気・水道、交通などに関する公共政策において、サイバーセキュリティ分野を中心に主要な重要インフラ防護の対応を考察します。これまでに、CIPフォーラムは、リンカーン・ブルームフィールド国務次官補(2004年)、葛西義之JR東海社長(2005年)、元上院議員であり国防長官を務めたウィリアム・コーエン氏(2006年)、石原慎太郎東京都知事(2007年)などの方々に基調講演をしていただきました。

 

AUSJC の主要活動:

n  日本からの研究員の受入れを継続します。今後、経済産業省からの科目履修の研究員が少なくとも毎年2名在籍する予定です。AUSJCはバンダービルト大学キャンパス内にオフィスを置き、これらの研究員を支援します。

n  日米両国において、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどを通じ、日米関係の情況について情報を発信します。

n  協賛企業に対し、日米間のビジネス協力についてアドバイスを提供します。

n  バンダービルト大学日米研究協力センターによる第28回日米技術協力フォーラム(2017年5月開催)に続き、AUSJCは、2018年5月の第29回フォーラムをテネシー州ナッシュビルにおいて開催する予定です。このフォーラムは、毎年経済産業省、防衛省、米国防総省及び日米の防衛メーカーの参加者が中心になり、両国の民生・軍事の両方に利用できる先進技術に関する技術協力について議論します。フォーラム終了後には年次報告書が作成され、AUSJCウェブサイト にて閲覧できます。

n  日米CIPフォーラムについては、AUSJCは、2004年からワシントンDCおよび東京で行われた計12回の会議に続き、今年も12月にワシントンDC、または東京においてフォーラムを開催の予定です。同フォーラムは大規模災害、あるいは人為的事故・事件に対して、多岐にわたる重要インフラをどのように防護していくかについて、その方法を考察します。年次報告書はAUSJCウェブサイトにて閲覧できます。

  

協賛企業・団体:

AUSJCは協賛企業のご理解とご支援によって運営されます。AUSJCの趣旨にご賛同頂き、協賛企業になって頂きました企業に対し、次の事項を提供します。

n  日米技術協力フォーラムおよびCIPフォーラムへの正式招待。

n  年次の日米技術協力フォーラムの報告書とプレゼンテーション資料の提供。

n  日米のビジネス協力についてのアドバイスと支援。

n  4半期毎に発行される日米関係最新情報とAUSJC活動の報告書の提供。

 

 センター主要メンバー:

n  ジェームス E.アワー AUSJC センター所長 バンダービルト大学名誉教授
日米同盟をはじめあらゆる分野での日米関係の重要性を認識し、その普及のために日本のマスコミへの投稿や、米国内外で行われる学会での活動を行っています。

n  ピーターセン K・美知子 AUSJC 事務・経理責任者
バンダービルト大学で24年半に及び、日米技術協力フォーラムの企画と後方支援を担当しています。

以上

Subpages (3): Library Outreach Who's Who