2009年の行動計画

Airship News (airshipnewsjapan.org) 

2008年の活動を振り返って、2009年の行動計画を考える。

(2009/3/9 堤)

2008年の行動計画はこちら

 2008年は、通信社のあたらしい入れ物(箱)としてGoogle系のアプリケーションを導入した。また通信員に、社のあり方について考えてもらう機会を得た。その後の活動は、決して活発とは言えないが、新しい入れ物での活動は安定的に続いている。特に、以前はMLという一つのチャンネルしかなかったのが、掲示板、ブログ、ホームページという複数のチャンネルが用意されたことで、疎な結合状態を構築できた。風通しが良くなった、という印象がする。結局、主として活動する通信員は変わらないが、だいぶ楽になった。もう少し、アクティブな通信員が増えればうれしいが、そう簡単ではなかろう。

 2009年に試みたい活動は以下の二つである。

1.定例オフ会

 まずは昨年やり逃したオフ会を一回開催しよう。その上で、定例オフ会の可能性を検討したい。せめて半年に一回程度。ゲストを呼んで話を聞いたり、美術館へ行くなどイベントを絡めるのも面白い。

2.会誌の作成

 会誌を作ることを検討したい。レビュー、情報、対談、創作などを集めた紙の冊子だ。PDFで作成して、ホームページにアップし、印刷物は希望者に実費で配布というのが良いかもしれない。