教育の未来のために



学校運営機構株式会社は、教育と運営を分離し、効率的な運営を行うことで、先生が子どもと向き合う時間を確保し、教育の質向上に貢献します。
また、学校を地域のコミュニティの核と位置づけ、保護者、卒業生、地域の方などと学校のスムーズな連携を促進することで、学校の潜在的な力を引き出します。


同志求む!! 日本の教育を憂いている方、当社の事業に賛同いただける方で、お手伝いいただける方は、ご連絡ください。詳しくは、こちら

■学校運営機構が実現すること
  • 学校運営の徹底的なローコストオペレーションの実現
  • 「教育サービス提供機能」と「管理・運営機能」のアンバンドル(分離)
  • すべてのステークホルダーの学校運営への参加促進
  • 不採算学校の再生、新規開設支援、公立学校の運営

最新のお知らせ

  • 全日本私立幼稚園連合会とパートナーシップ 学校運営機構株式会社では、全国の8,000を超える私立幼稚園で構成される全日本私立幼稚園連合会から、経営実態調査の大幅なコスト削減を実現する、 クラウド技術を活用した効率的な幼稚園データの収集および分析業務を受託しました。    学校法人八洲学園が出資する、学校運営機構株式会社(所在地:東京都新宿区代表取締役社長:鈴木   URL http://www.aas-corp.com/ )は、このたび、全国の8,000を超える私立幼稚園で構成される全日本私立幼稚園連合会(会長:香川敬 山口県防府市 ...
    投稿: 2011/07/25 5:11、Hirohito Wada
  • 「学校向け校務システム」の無償提供を決定 学校運営機構株式会社は、2011年4月28日に文部科学省から発表された「教育の情報化ビジョン」を受けて、課題とされた「校務の情報化」の早期実現を図るため、自社開発の「学校向け校務システム」の無償提供を決定いたしました。東日本大震災では、教育・学習の場にも、避難している子どもたちの転校・転入の混乱、始業式の遅れなど、深刻な問題が発生しております。校舎の被災で失った学びの場は、懸命な復旧作業や統合・合同授業の開始で改善しつつありますが、学籍や成績などの貴重なデータの消失による影響は、いまだに計り知れないものがあります。おりしも、今後の知識基盤社会に対応する情報活用能力育成を掲げる「教育の情報化ビジョン ...
    投稿: 2011/05/26 18:19、Hirohito Wada
  • アクセスマップを追加しました 当社へのアクセスマップを会社概要のページに追加しました。
    投稿: 2011/03/28 0:13、Hirohito Wada
  • 当社に兄弟会社が加わりました 2010/11/20 当社の主要株主である学校法人八洲学園が株式会社イノーヴインタラクティブ(http://www.innov-i.co.jp/)の株式を100%取得しました。株式会社イノーヴインタラクティブは、Web製作を得意とする会社で、今後、当社が展開する学校向けのさまざまなサービスの開発を担当します。eラーニングを担当する株式会社SOBAエデュケーション(http://www.soba-education.com/)ともども、よろしくお願いします。
    投稿: 2010/11/20 0:11、Hirohito Wada
  • 東大ダイレクトのニュースリリースを配信 2010/08/24 東大ダイレクト、全国の学校と塾に対するOEMサービス提供のニュースを配信しました。http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=63252
    投稿: 2010/09/07 4:05、Hirohito Wada
1 - 5 / 13 件の投稿を表示中 もっと見る »

サブページ (1): 同志求む!!