3D活性サイト科学 第四回成果発表会

主催 新学術領域研究「3D活性サイト科学」

 

 

日程 : 2016910()911()

  場所大阪大学大学院 基礎工学研究科 Σホール[560-8531大阪府豊中市待兼山町 1-3]

  交通アクセス /キャンパスマップ http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/access.html

 

ポスター申し込み締め切り : 2016年8月21日(日)  2016年8月25日(木)   締め切りました

事前参加申し込み締め切り : 2016年8月31日(水)  締め切りました。

                                            *当日参加も可能ですが、懇親会の参加・お弁当のご準備はできません。

宿泊は各自でご手配下さい。

左の「発表・参加申込フォーム」のバナーより、お申込みください。  当日会場に直接お越しください。

参加費は無料ですが、懇親会参加者は懇親会費として一般 5000円、学生 2000円をお願い致します。   申し込み締め切りました!


発表のabstractについて

MS Wordテンプレートを用意しました。このテンプレートを用いてA4 1ページでご用意下さい。
参加申込フォームにてお申込み後、メールが届きますので、この返信メールに添付してご提出ください。

(提出はWordファイルでお願いします。)
こちらも、参加申し込み締め切り日までに送ってください。

 

***プログラム***

910()

(8:30~   受付開始)


9:10-9:35      開会の挨拶・総括班活動報告    大門

 

[研究計画班報告]

9:35-10:00   


試料班 A01 計画研究01 無機材料                                        福村知昭、Mikk Lippmaa

                          「無機試料班の活動報告」

10:00-10:25  試料班 A01 計画研究02 ナノ触媒                     野村 琴広、満留 敬人

                           「3D活性サイト制御による高性能ナノ分子触媒の創製」

10:25 - 10:45  -休憩

 

10:45-11:10  試料班 A01 計画研究03 有機デバイス材料          山田 容子、江口律子、笠原裕一

                          「有機ナノ結晶・有機デバイス界面の3D活性サイト科学の構築」

11:10-11:35 試料班 A01 計画研究04 バイオ材料                  佐々木 裕次

                         「バイオホログラフィーとバイオ1分子計測の可能性」

11:35-12:00 手法班 A02  計画研究05 蛍光X線ホログラフィー    林 好一

                         「サイト選択イメージングの試みと光電子ホログラフィーとの相乗研究」

 

12:0013:00    -昼休み

 

13:00 - 15:00  ポスターセッション (@ホワイエ)

 

15:00-15:25 手法班 A02  計画研究06 光電子ホログラフィー       木下 豊彦

                        「光電子ホログラフィー活動の現状」

15:25-15:50 手法班 A02  計画研究07 表面・界面ホログラフィー   若林 裕助

                        「表面・界面ホログラフィー班の活動報告」

15:50-16:15 手法班 A02  計画研究08 ナノ構造体イメージング     郷原 一寿

                           「ナノ構造体イメージング班の進捗報告」

16:15-16:35  -休憩

 

16:35-17:00 理論班 A03 計画研究12 像再生理論                   松下 智裕

                         「像再生理論班 成果報告」

17:00-17:25 理論班 A03 計画研究09 第一原理・電子状態理論      森川 良忠

                         「第一原理シミュレーションによる活性サイトの構造・機能の解明とデザイン」

17:25-17:50 応用班 A04 計画研究13 デバイス応用                 筒井 一生 

 

17:50-18:00  -休憩・移動

 

18:00-    懇親会(場所 大阪大学 生協食堂)

 

 

911()

[研究計画班報告]

9:00-9:25   理論班 A03 計画研究10 電子伝導理論             小林 伸彦

                         「有機半導体の活性サイトの理論」

9:25-9:50   理論班 A03 計画研究11 分子動力学理論               鷹野

                         「分子シミュレーションによる生体活性サイトの構造・機能相関の解明」


[公募班報告]

9:50-10:10   試料班A01 山添 誠司担持金属クラスターの構造評価

10:10-10:30 試料班A01 廣瀬 靖遷移金属酸窒化物薄膜のアニオン配列制御と機能開拓

 

10:30-10:50  -休憩

 

 

10:50-11:10 試料班A01 近藤 敏啓 異種金属上に形成した貴金属超薄層触媒の構築過程の追跡とその3D活性サイトの探索 

11:10-11:30 試料班A01 大西 金属ドープタンタル酸塩光触媒の活性サイト科学:3D解析を可能にする試料調製 

11:30-11:50 試料班A01 工藤 一貴 鉄系超伝導体 Ca1-xPrxFe2As2の蛍光 X 線ホログラフィー:ドーパント周りの局所構造解析」」 

11:50-12:10 試料班A01 安田 琢麿 革新的有機光エレクトロニクスに向けた有機半導体の3D活性サイト材料科学


12:1013:10    -昼休み


13:10-13:30 試料班A01 中村 照也 蛍光X線ホログラフィーによる酸化ヌクレオチド加水分解酵素の活性サイトの観測

13:30-13:50 試料班A01 高橋 正光 III-V族化合物半導体量子細線成長のその場X線回折測定

13:50-14:10 手法班A02 坂本 一之 トポロジカル絶縁体への新奇光誘起ドーピング機構の解明

14:10-14:30 手法班A02 Voegeli Wolfgang Observation of the formation of thin films by time-resolved X-ray reflectivity measurements

 

14:30-14:50  -休憩

 

14:50-15:10 手法班A02 久保 稔 SACLAを用いたカビ由来一酸化窒素還元酵素の初期中間体の構造解析 

15:10-15:30 理論班A03 中田 彩子 金ナノ粒子触媒反応における酸素環境分子の影響に関する大規模第一原理計算  

15:30-15:50 応用班A04 山本 篤史郎  高エントロピー合金Al0.3CrFeCoNiNi近傍局所構造

15:50-16:10 応用班A04 鈴木 拓 高性能ガスセンサー実現のための活性表面の作製と評価 

16:10-16:30 応用班A04 加藤 有香子 ドーパントによるワイドギャップ材料の機能化機構の解明   

 

16:30-16:50 講評

16:50 閉会